クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

競馬の最高配当額と獲得戦略・おすすめの賭け方を徹底解説【3連単で2000万】

三連単で2000万!歴代の競馬最高配当額と獲得戦略・おすすめの賭け方を徹底解説

この記事では、歴代の記録や獲得戦略、高額配当を生むレースの特徴と傾向をご紹介します。

最新の配当ランキングと予想のコツも、合わせて解説しています。

競馬愛好家必見の情報で、次の大勝利を目指しましょう。

目次

競馬最高配当の歴史と記録

競馬最高配当の歴史と記録

歴代最高配当額は、2012年8月4日に開かれました「新潟第5R、メイクデビュー」における払戻金額の2983万2950円です。

また、2015年9月21日に行われた「中山第1R、2歳未勝利戦」では2792万9360円、2017年12月3日に行われた「中京第7R、500万下戦」では2294万6150円が払い戻されました。

いずれも2000万円を超える高額配当で、大きな話題となりました。

ちなみに、JRAにおける3連単以外の歴代最高配当額は、以下の通りです。

馬券配当額
単勝5万6940円
複勝1万8020円
枠連14万9110円
馬連50万2590円
馬単149万8660円
ワイド16万620円
3連複695万2600円
3連単2983万2950円

どれも共通して、馬券100円分に対する配当額です。

歴代最高配当のレースとその背景

歴代最高配当額である2983万2950円を叩きだした伝説のレース、「新潟第5R、メイクデビュー」。馬場は芝1400メートルでした。

このレースで勝利を収めたのは14番人気のミナレットです。

続く2着は、12番人気のヘイハチピカチャンと10番人気のファイヤーヒース。

こちらは同着でのゴールとなり、会場は大いに賑わいました。こちらのレースの的中票数はわずか1でした。

また2位が同着でなかった場合、配当は倍額の5966万5980円にまで跳ねあがっていたそうです。

1着となったミナレットですが、波乱を生む鹿毛の牝馬としても知られていました。

3連単の払戻金ランキング(JRA)でも、1位から10位までで、3つのレースで3着以内に入っています。

しかしこのミナレットは、当初は低評価の馬でした。

ミナレットの父であるスズカマンボは天皇賞(春)を制した優秀な馬でしたが、母のノワゼットは活躍馬のいない血統だったためです。

ミナレットが不人気だったゆえに、配当額も高額になったということです。

最高配当を出した驚きの瞬間

そんなミナレットは8番で出走します。予想外の好スタートを切り、ヘイハチピカチャンを抜きます。

その後、ファイヤーヒースに追われるも、逃げ切り一位になりました。またヘイハチピカチャンとファイヤーヒースが、同着でゴールします。

誰もが予想していなかった結果に、会場は大いに沸きました。

低評価の馬が勝利を収めると配当が高額になりますが、これほどの金額に膨れ上がるのは稀でしょう。

最高配当を出したレースの分析

最高配当を出したレースの分析

ここでは、配当額が高額になる条件を探っていきます。

加えて、その条件と伝説のレース「新潟第5R、メイクデビュー」を照らし合わせ、当てはまる点があるかどうかも検証します。

高額配当を生むレースの条件

配当額が高額になるレースは、以下の条件を満たしている場合が多いです。

高額配当レースの条件
  1. 人気や勝率の低い馬の勝利
  2. 3連単やWIN5のような、結果を予想することが難しいレース
  3. クラシックレースやG1レースなど、多くの馬や観客が集まる規模の大きなレース
  4. 悪天候や、それによる馬場状態の不良など、レース結果を予想することが難しくなったレース

最高配当レースの特徴と傾向

それでは、高額配当レースの条件を、「新潟第5R、メイクデビュー」と照らし合わせていきましょう。

ミナレットはその血統ゆえに、不人気で、評価が低い馬でした。

また、今回の高額配当も、例によって予想の難しい3連単で出ています。

よって①と②の条件を満たしていることがわかります。

今回のレースだけでなく、他の高額配当のレースでも、上記4項目のうち複数を満たしている場合が多いでしょう。

最高配当を獲得する戦略

最高配当を獲得する戦略

高額配当を獲得するための具体的な賭け方と、リスクとリターンのバランスについて説明します。

ここでは、競馬での高額配当を目指すための戦略的なアプローチについて考えていきましょう。

高額配当を狙うための賭け方

高額配当を狙うには、3連単が一番です。

しかし、3連単は組み合わせのパターンが多すぎるあまり、難易度がぐんと高くなってしまいます。

そこでおすすめなのが、3連複の馬券です。

3連複は3連単と違い、馬の着順を当てる必要がありません。

1着から3着までの馬の組み合わせさえ当たっていれば良いのです。

そのため、配当金も3連単と比べると下がってしまいますが、その分、当たる確率はぐんと上がります。

的中率と配当額の高さのバランスを考慮する際、この3連複や、1着の馬と2着の馬を当てる馬単がおすすめとなります。

リスクとリターンのバランス

歴代の最高配当額を見ると、3連単がとびぬけて高額となっているため、競馬ファンは3連単に賭けたくなってしまうかもしれません。

しかし、リスクとリターンのバランスを考えると、3連単はおすすめできません。

3連単の組み合わせは、18頭立てで4896通り存在するといわれています。

配当額が高額なことには、当たりにくいという理由があるのです。

「外れるのが当たり前」という前提のもとに、遊びで賭ける分には良いかもしれません。

多くの配当額を手にしたいと願う競馬ファンの方々は、リスクのある3連単の馬券購入は、控えたほうがいいかもしれません。

高額配当の確率とその計算

高額配当の確率とその計算

ここでは、高額配当が出る確率の理解と、確率計算の基礎と応用について詳しく解説します。

高額配当が出る確率の理解

まず、18頭立てのレースで当たる確率について理解していきましょう。

確率計算方法は(馬券の数)/(○通り)で表すことができます。

今回は1点買いの場合で見ていきます。

馬券計算と確率
単勝18分の1
枠連(18×2)…36分の1
馬連(18×17)/(2×1)…153分の1
馬単(18×17)…306分の1
3連複(18×17×16)/(3×2×1)…816分の1
3連単(18×17×16)…4896分の1

3連単になると、当選確率が確率がぐんと下がることがわかります。

確率計算の基礎と応用

今度は計算の応用方法について説明します。

これはココモ投資法といわれている、数学上では必ず勝つことができると言われている必勝法です。

3倍以上の配当でのみ運用できる計算方法のため、注意しましょう。

ココモ投資法
  1. 不的中だったとき、前回に掛けた金額と前々回に賭けた金額を足す
  2. その金額を今回の賭け額として、的中するまで続ける
  3. この計算方法を適用していけば、当たった際に確実に収支がプラスになる
  4. 的中した時点で、また①から運用を再開する

この繰り返しです。たとえば、以下のような賭け方です。

回数賭け額
1回目100円
2回目100円
3回目200円
4回目300円
5回目500円
6回目800円
7回目1300円
8回目2100円

的中した時点で賭け額を100円に戻す、ということを忘れないようにしましょう。

競馬で高額配当を狙う心構え

競馬で高額配当を狙う心構え

競馬で高額配当を狙う際には、しっかりとしたリスク管理が要となります。

配当額に目を奪われ、馬券をひたすら買うようになってしまうと、収支はマイナスになってしまいます。

競馬には、数学の方程式やゲームの攻略法のような「答え」が存在しません。

だからこそ当たった時の喜びが大きく、その喜びが人々を虜にするのかもしれません。

ここでは、競馬を楽しみながらもリスク管理をすることの大切さについて書いていきます。

高額配当狙いの心理的準備

高額配当を狙うにあたって大切なのが、軸がしっかりとしていてブレないメンタルを持つことです。

競馬で勝つ人たちは、共通して強い気持ちで勝負に挑んでいます。

その強い気持ちとは「この馬券は絶対当たるぞ」「高額な配当金を手にしてやる」といったものではありません。

大切なのは、「負けたときに崩れない心」を持っていることです。

例えば、あなたが自分なりの勝ち方を見出し、その法則にしたがって賭けをしているとします。

そんな中で、不的中が続きお金がどんどん無駄になってしまったら、どうでしょう。

「自分のやり方は間違っているのかもしれない、このまま負け続けるかもしれない」と、不安や焦りが生じてしまい、その結果気持ちが揺らぎ、勝ち方のメソッドを手放してしまいます。

そうなると、後は負け続けてしまうだけです。

高額配当を手にするためには、まずは自分を信じぬく強い気持ちが大切です。

リスク管理と資金配分

前述した強いメンタルは、リスク管理をしながら資金を効果的に配分することで得ることができます。

まずは、使用する金額やレース数を決めることをおすすめします。

ほとんどの場合、焦りや不安などは、資金がなくなることで生まれます。

  • 「1日に〇〇円分しか馬券を買わない」
  • 「1レースには〇〇円分しか賭けない」

というようなマイルールを設定しておくことで、例え馬券が外れてしまった場合でも、安定したメンタルを保てます。

競馬で負けることを恐れていては、勝つことはできません。かといって、無闇に賭けて勝てるものでもありません。

自分なりの勝利法とリスク管理、そして自分を信じる気持ち。それらはきっと、あなたの競馬ライフをより充実させてくれることでしょう。

最高配当獲得者のエピソード

最高配当獲得者のエピソード

会社員をしていた男性(42)は、ある日、皐月賞で992万円もの配当金を手にしました。

投資額は12万円だったそうです。12万が1000万円近い大金になるなんて、夢のような話です。

こちらの男性は、勘や運ではなく、計算・分析されたデータを基に賭けに出たそうです。

この時まで、男性は万馬券を一度も当てたことがなかったそうです。

男性は、この勝利を期に脱サラし、幼いころからの夢であったバイクショップの経営をはじめました。

競馬で夢を叶えた男性は、悠々自適な生活を送っているそうです。

競馬の最高配当額とおすすめの賭け方を徹底解説:まとめ

三連単で2000万!歴代の競馬最高配当額と獲得戦略・おすすめの賭け方を徹底解説!まとめ

本記事では、歴代の競馬最高配当額と獲得戦略について、またおすすめの賭け方についても解説しました。

以下、本記事のポイントをまとめました。

本記事のポイント
  • 歴代最高配当額は、「新潟第5R、メイクデビュー」における払戻金額の2983万2950円
  • 人気の低い馬の勝利や、3連単・WIN5などの複雑な賭けでは配当金も高額になりやすい
  • しかし3連単が当たる確率は低くリスクが高い。おすすめは3連複
  • リスク管理をしっかりと行いレースに臨むことが大切
  • ココモ投資法などの必勝法と呼ばれるものも存在するため、利用してみるのも手
  • 馬券が外れても焦らない、強いメンタルが勝利の要

必勝法といわれるものも存在する競馬ですが、そもそも競馬はレース時の馬の状態や天候などに大きく左右されるものです。

例え外れたとしてもめげない強い心を持ち、リスク管理をしながら楽しみましょう。

本記事をお読みになった方は、競馬の買い方について初心者にもわかりやすく書かれているこちらの記事もおすすめです。

三連単で2000万!歴代の競馬最高配当額と獲得戦略・おすすめの賭け方を徹底解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

佐藤 浩二のアバター 佐藤 浩二 Webライター

公営競技の運営スタッフとして10年以上の経験を積んだ後、公営競技専門のWebライターに転身。競馬、競輪、ボートレース、オートレースなど、様々な公営競技において、競技の運営から賭け方、戦略に至るまで幅広い知識を保有。その期間中、数十万のファンと接し、イベントの企画・実施に携わり、多くの成功を収めた。

目次