クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

カジノ・ルーレットの禁止手法とおすすめの賭け方を解説【初心者向け】

カジノ・ルーレットの禁止手法とおすすめの賭け方を解説【初心者向け】

ルーレットとは、数字が書かれる円盤に球を投げ入れ、その落下位置を当てるカジノゲームです。

ルーレットは300年以上の長い歴史を持ち、カジノの女王でも呼ばれ、映画などでもよく見られるという人気のゲームです。

球の落ちる場合を予想し、ディーラーがボールをホイールへ投げ入れる前にベットするだけで、そのルールのシンプルさも人気の要因の一つといえます。

ルーレットに関する知識が全くない初心者でも、すぐに始められるでしょう。

この記事では、カジノルーレットで禁止されている手法を分かりやすく説明するとともに、初心者でも取り組めるおすすめの賭け方に関して解説しています。

今すぐ登録して豪華ボーナスを手に入れよう!

カジノバナー

新クイーンカジノでは、新規登録で入金不要ボーナスをプレゼント中!

新クイーンカジノでは、

  • ビデオスロット
  • ブラックジャック
  • ルーレット
  • ポーカー
  • バカラ
  • ライブカジノ

などの定番のオンラインカジノゲームに加え、スポーツベットも楽しむことができます。

日本語サポートも充実しているので、安心してカジノゲームを楽しめますよ!

初回入金でボーナスゲット

目次

ルーレットで禁止されている賭け方

ルーレットで禁止されている賭け方

まずはルーレットで禁止されている攻略法から紹介していきます。

これは現地のカジノでも、オンラインカジノでも禁止されているため、ご注意ください。

ルーレットで禁止されている賭け方は5つあります。

NO MORE BET合図後のベット

NO MORE BET、つまりルーレットでベットの受付終了の合図後はベットできません

決められた時間内にベットを行わなければなりません。

ベットの受付終了後は、新たなベットをすることも、すでにベットした内容の変更もできません。公平性を保つため、制限時間内にベットしましょう。

また、オンラインカジノではベット受付時間が表示され、ゲーム終了ごとにカウントしてくれます。

受付時間が終了するとベットできないため、あまり気にせず、落ち着いて賭けましょう。

2ティアベット

2ティアベットとは、勝率が約50%であるマスに対して、両方ともベットするという賭け方です。

2ティアベットは、確率的にはほぼ100%当たるになりますので、一見完璧な攻略法ですが、ほとんどのカジノに禁止されています。

2ティアベットとみなされるエリアは、以下のようです。

  1. 赤または黒
  2. 1~18または19~36
  3. 奇数(ODD)または偶数(EVEN)

例えば、同時に赤と黒の両方をベットすることは、2ティアベットとみなされ、禁止されています。

また、2ティアベットが禁止されていない場合でも、ボールが0または00に落下する可能性がありますので、約100%と言っても、必ず勝つというわけではありません。

オンラインカジノのシステム上では、そもそも2ティアベットすることができないことが多いため、うっかりして2ティアベットをしてしまうということを心配せずにプレイすることができるのでしょう。

オールダズン・オールコラムベット

ダズンベットまたはコラムベットマスのすべてにベットする攻略法も、ルーレットでは禁止されています。

ダズンエリアは、以下になります。

  1. 1st:1〜12番
  2. 2nd:13〜24番
  3. 3rd:25〜36番

ルーレットの円盤の0と00以外の数字を3つに分け、それぞれ12個になりますので、1st 12などと呼ばれています。

この3つのエリアに全部ベットすることは、2ティアベットすることと同じようにほぼ100%当たるため、禁止されています。

なお、その3つのエリアのうち1つまたは2つまでベットすることが可能です。

コラムベットは、ルーレットの縦一列の12個の数字を賭ける方法です。

すなわち、オールコラムベットとは、その3列のマスを全部ベットすることです。

ダズンベットと同様、うち1箇所または2箇所までベットすることが可能ですが、3箇所をすべてベットすると禁止されます。

なお、オンラインカジノのシステム上、オールダズやオールコラムをベットしようとしても、ボタンが押せなくなり、または注意のメッセージが出てくることが多いため、誤操作などによるのルール違反を防ぐことができます。

オールナンバーベット

オールナンバーベットとは、ルーレットの0~36番(00も含めて)の38のナンバーを全部ベットすることを指しています。

初心者の方の場合、これは隙のない攻略法に見えるかも知れませんが、実際は禁止されている行為である上、プレイヤーの側が100%損をするので、必ず避けるように気をつけましょう。

なぜか損をするというと、1点賭けの配当倍率は36倍となっています。

そのため38のマスを全部してしまうと、確実に当てますが36倍の賭け金しか獲得できず、2マスのベット額に相当する損失が生じます。

ボーナススタッキング

ボーナススタッキングとは、複数のボーナスを併用して賭けることです。

これはルーレットだけでなく、オンラインカジノのすべてのゲームにおいてはルール違反となっています。

多くのオンラインカジノは複数のボーナスを同時に使うことを禁止していますので、ボーナスを使用する際に注意しておきましょう。

以上、ルーレットで禁止されている5つ攻略法について紹介しました。

オンラインカジノでそれらの行為をした場合は、アカウントが凍結され、出金できなくなる恐れがありますので、ルールを守った上でルーレットを楽しみましょう。

では、ルーレットで許される攻略法はありますでしょうか?次に、ルーレットで使える勝率を上げるための攻略法を紹介します!

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

ルーレットでのおすすめの賭け方

ルーレットでのおすすめの賭け方

実は、ルーレットは運の要素が強いゲームでありながら、勝率を上げるための攻略法がいくつか存在しています。

以下、初心者でもおすすめの攻略法から詳しく説明していきます。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、勝率が50%で配当が2倍の賭けをする際に利用できる攻略法です。

このような方法は非常に有名であり、競馬などでも幅広く使われています。そのやり方はシンプルで分かりやすいため、初心者でもおすすめできます。

マーチンゲール法の手順は、以下のようになります。

初回のベット金額を決定する

勝率50%のマスにベットする(赤か黒、奇数か偶数、1~18か19~36)

勝ちの場合1セット終了

負けの場合

勝つまで前回の2倍の賭け金を賭ける

つまり、勝利するまで、前回の賭け金の2倍でベットし続け、負けた損失額を取り戻すという攻略法となります。

マーチンゲール法のメリットは、一回でも勝利できれば、今までの損失額を取り戻せるということです。

そのため、ほかのゲームでも多く使われており、必ず利益を出すという負けのない攻略法とされています。

ただし、そのデメリットも明らかです。それが負けるたびにベット金が高くなってしまい、負け続けるとベット額が大きく膨れ上がることもあります。

勝率が50%のマスにベットするようにしているため、理論上はそこまで連敗することはあまりないかも知れませんが、いつ連敗から脱出できるかは誰も分かりません。

仮に連敗が続き、それを取り戻せるために高額の金額をベットしても、勝って利益になるのは初回ベット分のみです。

また逆に、勝つまで前回のベット額の倍で賭ける行為を続けなくなる場合、マーチンゲール法のシステムが成立せず、今まで負けた金額は全部取り戻せません。

例えば、勝利する前に手元の資金が底につき、ベットできなくなること。

また、多くのオンラインカジノではベット金額の上限を設定しており、その上限に達する場合は前回のベットの2倍を賭けることができず、損失額を取り戻せなくなります。

そのため、マーチンゲール法は決してリスクが全くないというわけではありません。

この攻略法を利用する際に、無駄に高額のベット金を失わないため、あらかじめ手持ちの資金に応じて初回のベット額や1セットでの最大ベット回数を設定しておきましょう。

また、オンラインカジノを利用する場合、事前に最大ベット額などのルールを調べておいたほうが、より合理的にマーチンゲール法のベット計画を設定できるのでしょう。

ココモ法

ココモ法とは、勝率が約33%で配当3倍の賭けをする際に利用できる攻略法です。

ルーレットでは、ダズンベットまたはコラムベットのマスにベットします。

この攻略法のやり方も難しくないため、初心者の方におすすめです。

ココモ法は、マーチンゲール法と少し似ています。

初回のベット金額を決定する

勝率33%のマスにベットする(ダズン、コラム)

勝ちの場合→1セット終了

負けの場合

2回目も初回と同様の金額をベットする

勝ちの場合→1セット終了

負けの場合

勝つまで前回+前々回の賭け金を賭ける

ベット額はベット回数に応じて増えていくことはマーチンゲール法とは同じですが、後者と比べてみると1回ごとのベット金額の増加が緩やかになります。

また、マーチンゲール法よりも勝利時の利益が多いことも、ココモ法のメリットです。

ココモ法のデメリットについて、まずはマーチンゲール法と同様、連敗すると資金の限界が来る恐れがあります。

またはオンラインカジノなどで設けられた最大ベット額に達したことによって、ココモ法での攻略を続行できなくなる可能性があります。

ほか、勝率33%のマスにベットしなければならないため、勝率がかなり下がります。

2コラム・2ダズンベット法

2コラム・2ダズンベット法とは、それぞれ3箇所あるダズンベットとコラムベットに、2箇所ずつで合計4箇所のベットを行う攻略法です。

この攻略法でベットすると、ルーレットの1~36の数字のうち、4つの数字しかカバーしていないため、的中率が比較的に高くなっています。

ほとんどの場合は当たりが発生、大負けはしないため、初心者の方におすすめです。

敗北によって次のベット金を増やす必要がなく、比較的に少ない資金で長時間プレイできることも、2コラム・2ダズンベット法の特徴です。

逆に、そのデメリットも存在しています。

ベットする箇所が多くて的中率が高い一方、利益も少ないというのが2コラム・2ダズンベット法の欠点です。

そのため、コラムとダズンのベット範囲が重複しているエリアで勝利すると比較的に多くの利益を獲得できますが、それ以外の場合は利益が少なく、損失をカバーできないケースもあります。

オンラインカジノ・ルーレットの禁止手法とおすすめの賭け方を解説:まとめ

オンラインカジノ・ルーレットの禁止手法とおすすめの賭け方を解説:まとめ

ここまで、ルーレットで禁止されている攻略法を5つ、初心者にもおすすめの攻略法を3つご紹介しました。

ルーレットで禁止されている攻略法を使用しますと、勝利することができず、さらにオンラインカジノではアカウント凍結・出金できなくなるのようなリスクがあるため、ルールを守ってプレイすることがおすすめです。

初心者にもおすすめの攻略法の3つのうち、マーチンゲール法・ココモ法は多くのベット金を賭ける覚悟が必要という一方、比較的に多くの利益を獲得する可能性もあります。

2コラム・2ダズンベット法は、短時間で多くの利益を獲得することが難しいですが、少ない資金でルーレットを長時間楽しみたいという方には最適です。

なお、オンラインカジノは様々なルーレットを提供しており、システム上ではルールに違反したアクションを取れない(ボタンが押せなくなるなど)ことが多いです。

うっかりしてルーレットのルールに違反した行為をするという心配を持つ方や、安心してルーレットを楽しみたい方は、ぜひオンラインカジノでルーレットをプレイしてみてください!

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

カジノ・ルーレットの禁止手法とおすすめの賭け方を解説【初心者向け】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

岩永 希美のアバター 岩永 希美 Webライター

世界各国の著名カジノでディーラーとして豊かな経験を積み重ねた後、カジノゲームと戦略に関する専門Webライターとして転身。数千人のプレイヤーに対してゲームを提供し、カジノゲームのルール、戦略、心理戦に関する深い知識を持っている。その経験を活かし、プレイヤーがカジノゲームをより深く理解し、楽しむための戦略やコツを提供する記事を執筆中。

目次