クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

競馬は何歳から入場できる?18・19歳でも購入できるのかやバレるとどうなるのかを解説

競馬は何歳から入場できる?18・19歳でも購入できるのかやバレるとどうなるのかを解説
  • 「競馬の馬券は何歳から購入できるの?」
  • 「年齢確認はある?」
  • 「競馬場に入場するだけなら、未成年でも入れるの?」

このような疑問を抱えている全ての読者に向けて、競馬の年齢制限や参加条件について詳しく解説します。

競馬の魅力や競馬場での楽しみ方、そして未成年者にとっての注意事項についても触れます。

本記事を最後まで読むことで、競馬における年齢制限の疑問が解決するでしょう。

目次

競馬は何歳から?競馬における年齢制限

競馬は何歳から?競馬における年齢制限

まずは、競馬における年齢制限について解説します。

馬券の購入は20歳からと法律で定められていますが、20歳以上の学生の場合はどうなるのでしょうか。

また成人年齢が引き下げられたことによる影響についても触れていますので、参考にしてみてください。

馬券の購入は20歳から

馬券を購入できるのは20歳からです。

競馬民法28条でも、以下のように定められています。

20歳未満の者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

出典:競馬民法28条

2004年までは、例え20歳以上であっても、大学生や専門学生が馬券を購入することは違法となっていました。

しかし法改正が行われ、2005年からは学生であっても、20歳以上なら馬券購入が可能となっています。

あわせて読みたい
競馬の予想サイトは当たらない?おすすめの無料予想サイト最新ランキングと詐欺サイトを見抜く方法を紹介 「競馬の予想サイトって何?予想サイトは当たらない?」 「詐欺サイトがあるって本当?おすすめの予想サイトは?」 「予想サイトの使い方を知りたい」 そんな疑問に答え...

成人年齢引き下げに伴う影響

2022年4月1日に民法が改正され、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられました。

しかし、競馬民法28条は改正されていないため、20歳未満の方が馬券を購入できないことには変わりません。

ちなみに、競馬だけでなく飲酒や喫煙も20歳になってから可能です。

成人年齢が引き下げられたからといって、競馬で賭けたり煙草を吸ったりすることはできないということを覚えておきましょう。

競馬は何歳から?レースを見るだけの場合

競馬は何歳から?レースを見るだけの場合

今度は、「競馬を見るだけの場合でも年齢制限はあるのか?」という疑問に答えていきます。

また、競馬場へ入場する際に年齢確認があるのかどうかについても説明します。

観戦だけの場合は年齢制限なし

競馬を観戦する方々に対して、年齢制限は設けられていません

どなたでも、それこそ0歳児でも競馬を楽しむことができます。

しかし、未成年者は馬券を購入することができません。

ちなみに、例え購入者が20歳以上であっても、未成年者に頼まれて購入した場合には罰則があります。

このケースで罰せられるのは、馬券の購入を依頼した未成年者ではなく、実際に馬券を購入した人になります。

最大で50万円の罰金が科せられるため、注意が必要です。

あわせて読みたい
競馬の馬券を購入する手順とアプリやネットで購入する方法を解説 「馬券の購入ってどうすればいいの?」 「インターネットを使って馬券を購入する方法は?」 「スマホアプリでも馬券の購入ができるの?」 そんな疑問をお持ちの方に向け...

入場時の年齢確認について

競馬を観戦すること自体に年齢制限はないため、競馬場に入場する際にも、基本的には年齢確認はありません

入場の際には、入口付近にスタッフや警備員が立っているケースが多いですが、身分証の提示はこの時点では求められないといっていいでしょう。

それでは、いったいどのタイミングで年齢確認をされる可能性があるのでしょうか?

馬券購入時は?年齢確認をされるタイミング

入場後、レースに賭ける場合は、マークシートを記入し自動発売機または有人の窓口にて馬券を購入します。

このとき、未成年と思われる人物が馬券を購入していた場合は、JRA職員が声掛けを行う場合があるそうです。

また、発売機ではなく窓口で馬券を購入する場合はスタッフが対応するため、身分証の提示を求められる可能性があります。

それは購入時だけではなく払戻時も同じなので、覚えておきましょう。

競馬は何歳から?年齢制限をパチンコと比較

競馬は何歳から?年齢制限をパチンコと比較

競馬の馬券購入は20歳からですが、パチンコは何歳から遊べるのでしょうか。

ここでは、競馬とパチンコの年齢制限を比較します。

他のギャンブルで設けられている年齢制限も参考にしながら、なぜパチンコは18歳から参加可能なのか、その理由を探ります。

公営ギャンブルと賭博の定義

日本において、賭博(ギャンブル)は違法です。

賭博とは、法律で以下のように定義されています。

  1. 勝敗が偶然の事情により決定されること
  2. その勝敗により、財物や財産上の利益の得喪を争うものであること
出典:刑法による賭博罪の定義

しかし、「国が認めている賭博」なら、参加しても罰せられることはありません。

その国が認めている賭博というのが、競馬をはじめとする「公営ギャンブル」です。

公営ギャンブルは20歳以上の方々が参加可能です。

公営ギャンブル一覧
  • 競馬
  • 競輪
  • 競艇
  • オートレース

パチンコは18歳から

しかし、パチンコは公営ギャンブルとして認められていないため、18歳から遊ぶことができます。

同時にパチンコは、「風営法」という法律により賭博ではないという扱いになっています。

つまり、競馬は「国が認めたギャンブル」であり、パチンコは賭博に限りなく近い存在であっても、「法律上ではギャンブルではない」ため、独自の年齢制限が適用されているのです。

あわせて読みたい
競馬の払い戻しはいつからいつまで? 上限は?払戻期限と計算方法を解説 「競馬の払い戻しって?」 「払い戻しはいつからいつまで可能なの?」 「払い戻しの上限額は?」 このような疑問をお持ちではないでしょうか。 この記事では、払い戻し...

競馬は何歳から?まとめ

競馬は何歳から?まとめ

これまで、競馬は何歳から楽しむことができるのか?という疑問について解説してきました。

本記事のポイント
  • 馬券の購入は20歳から可能
  • 学生であっても20歳以上ならば馬券の購入ができる
  • 成人年齢が引き下げられたものの、20歳未満の馬券購入は不可のまま
  • 競馬を観戦するだけの場合は年齢制限なし
  • 入場時に年齢確認をされることはないが、馬券購入時などに声掛けが行われる可能性がある
  • 競馬と違いパチンコの年齢制限が18歳からなのは、法的にパチンコが「ギャンブル」ではないから

未成年の方が馬券を購入するのは法律違反にあたります。

見つかった場合は罰則もあるため、20歳になるまで馬券の購入は控えましょう。

本記事をお読みになった方は、競馬の買い方について初心者にもわかりやすく書かれているこちらの記事もおすすめです。

競馬は何歳から入場できる?18・19歳でも購入できるのかやバレるとどうなるのかを解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

佐藤 浩二のアバター 佐藤 浩二 Webライター

公営競技の運営スタッフとして10年以上の経験を積んだ後、公営競技専門のWebライターに転身。競馬、競輪、ボートレース、オートレースなど、様々な公営競技において、競技の運営から賭け方、戦略に至るまで幅広い知識を保有。その期間中、数十万のファンと接し、イベントの企画・実施に携わり、多くの成功を収めた。

目次