クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

カジノは何歳からプレイできるのか?韓国・アメリカ・マカオなどの海外事情を解説

カジノは何歳からプレイできるのか?韓国・アメリカ・マカオなどの海外事情を解説

カジノといえば、「大人の世界」というイメージがあるでしょう。

確かに、それはおそらく世界中共通の認識であり、各国のカジノは法律によって年齢制限を設けています。

しかしその「大人」の基準はいったい何歳からということも、国や地域それぞれです。

例えば、日本のカジノはまだ開業前ですが、IR法案によって日本のカジノの年齢制限が規定され、20歳未満の場合はカジノに入場することが認められません

また、日本人に対しては6000円の入場料が課され、1週間3回・1ヶ月10回という入場回数の制限も設定されています。

以上の制限は厳しいかどうかはともかく、日本でカジノを楽しめる日はまだこの先です。

その前、カジノをチャレンジしてみたいという方は、海外旅行の際に当地のカジノでプレイすることがおすすめです。

では、海外ではカジノは何歳から入場できるでしょうか?本記事では、アメリカ・マカオを始め、各国・地域について、カジノの年齢制限を紹介していきます。

(せっかく来たのに入れない…)という残念なことを避けるため、ぜひ確認しておいてください。

今すぐ登録して豪華ボーナスを手に入れよう!

カジノバナー

新クイーンカジノでは、新規登録で入金不要ボーナスをプレゼント中!

新クイーンカジノでは、

  • ビデオスロット
  • ブラックジャック
  • ルーレット
  • ポーカー
  • バカラ
  • ライブカジノ

などの定番のオンラインカジノゲームに加え、スポーツベットも楽しむことができます。

日本語サポートも充実しているので、安心してカジノゲームを楽しめますよ!

初回入金でボーナスゲット

目次

アメリカのカジノは何歳から?【結論:21歳以上】

アメリカのカジノは何歳から?【結論:21歳以上】

アメリカの場合、カジノの町として世界中に知られているラスベガスは、21歳以上でなければカジノに入ることができません。

ウィン・ラスベガス・カジノのホームページより(Google翻訳)。

画像のように、21歳未満の場合はゲームエリアに近づくことができません。

ほかの州の場合も、1部を除いて年齢制限が21歳以上になっています。

ラスベガスの年齢制限は非常に厳しいです。

特に、アジア人は若く見られますので、入場の際だけではなく、着席するたびに身分証明書の提示を求められることが多いと言われています。

ラスベガスの空港では大量のスロットマシンが設置されていますが、21歳未満の場合は遊ぶことはおろか、近づくこともできないため、ご注意ください。

大当たりしても、プレイヤーが21歳未満の場合は賞金だけでなく賭け金までが没収され、数百ドルの罰金が課されることもあります。

警備員は常時に巡回し、監視カメラも設置されているため、監視を避けてプレイすることは不可能でしょう。

あわせて読みたい
カジノの3大ダイスゲーム!基本ルール・賭け方を徹底解説 歴史が古く、昔から世界中にプレイされてきたダイスゲーム。 そのシンプルさと明快さのため、現代のカジノでも人気の定番ゲームになっています。 この記事では、カジノ...

マカオのカジノは何歳から?【結論:21歳未満の入場が禁止】

マカオのカジノは何歳から?【結論:21歳未満の入場が禁止】

香港の映画でよく出ている週末のエンタテインメント・マカオのカジノ。

香港に隣接ている立地であり、世界最大のカジノ売上を誇るマカオは、香港のお客さんだけではなく、世界中のプレイヤーに愛されています。

マカオのカジノは何歳から入場できるかというと、ラスベガスと同様に21歳未満の入場が禁止されています

「18ではないか……」というようなイメージを持つ方もいると思いますが、その情報は間違っています。

確かに昔は18歳以上であればカジノに入場できますが、2012年から年齢制限が引き上げられ、現在は21歳以上になっていますため、ご注意ください。

マカオのカジノは21歳から入場できる
マカオ観光局の日本語版ホームページより

マカオの年齢チェックは、ラスベガスより甘いと言われていますが、21歳未満の者がカジノに入場したことが発覚されたら、本人およびカジノ両方について罰金が課せられます。

さらに21歳未満でカジノゲームに参加した場合、賭け金・勝ち金はすべて没収されます。

あわせて読みたい
カジノ・ルーレットの禁止手法とおすすめの賭け方を解説【初心者向け】 ルーレットとは、数字が書かれる円盤に球を投げ入れ、その落下位置を当てるカジノゲームです。 ルーレットは300年以上の長い歴史を持ち、カジノの女王でも呼ばれ、映画...

韓国のカジノは何歳から?【結論:19歳以上】

韓国のカジノは何歳から?【結論:19歳以上】

世界各国のカジノの中で、韓国のカジノは日本に最も近いため、日本人にとっては行きやすいでしょう。

韓国ではカジノがたくさん存在していますが、外国人観光客向けのカジノがほとんどです。

外国人専用のため、空港・観光地からのアクセスが良いカジノが多く、日本語を話せるスタッフも多いです。

では、韓国のカジノは何歳から入場できますか?

韓国のカジノに入場できる年齢は19歳以上となります。

パラダイスカジノのホームページより

入場の際には、パスポートの提示が求めれています。

パスポートの提示無しでは、30・40代の方でも入ることができません。

その原因は、上も説明した通り、韓国のカジノはほとんど外国人専用であるもので、韓国人は入ることができません。

年齢確認以外、国籍の確認も行わているため、行かれる際には必ずパスポートを持参しましょう。

あわせて読みたい
ビデオスロットの基礎知識を徹底解説!パチスロとの違いは? ビデオスロットは、オンラインカジノに欠かせない人気のあるゲームです。 ビデオスロットは、基本的にはどのオンラインカジノも提供している定番カジノゲームです。 ビ...

シンガポールのカジノは何歳から?【結論:21歳以上】

シンガポールのカジノは何歳から?【結論:21歳以上】

シンガポールにカジノが2軒あります。

いずれも2010年にオープンされ、比較的に新しいカジノとは言えます。

海外観光客の場合は、無料で入場することできます。

では、シンガポールのカジノは何歳から入れますか?

シンガポールでは21歳以上の方はカジノに入場できます。

シンガポールでは21歳以上の方はカジノに入場できる
マリーナベイ・サンズのホームページより

入場・退場両方ともにパスポートチェックが行われ、不正があった場合、罰金が発生します。

年齢制限以外、シンガポールのカジノではほかの制限もいくつかあります。

例えば、サングラスやマスクなどで顔を隠すことは禁止され、着用している場合は入場後にスタッフに預ける必要があります。

飲食物や荷物の持ち込み、カメラでカジノ内を撮影することなども禁止されています。

日本のカジノが手本にしているシンガポールですが、トラブルを避けて楽しむためには、事前にカジノの規定を確認しておきましょう。

あわせて読みたい
ルーレットで出やすい数字は?配置や配列などの並びを初心者向けに解説 ルーレットは、カジノで非常に人気のあるゲームです。 多くの人がルーレットのホイールが回転し、ボールがどのポケットに落ちるかを楽しむためにカジノに足を運びます。...

フィリピンのカジノは何歳から?【結論:21歳未満は入場禁止】

フィリピンのカジノは何歳から?【結論:21歳未満は入場禁止】

フィリピンでは、多くのカジノが開設されています。

マニラの大型カジノはもちろん、セブ島のカジノを利用する海外観光客もたくさんいます。

熱帯の風景を満喫できるのみならず、カジノのゲームを楽しむこともできます。

フィリピンでは、21歳未満の者はカジノに入場できません。

フィリピンでは、21歳未満の者はカジノに入場できない
フィリピン旅行専門店のホームページより

入場の際にはパスポート提示が求められるため、行かれる際に必ず携行しておきましょう。

オンラインカジノは何歳から?日本でプレイすると違法

オンラインカジノは何歳から?日本でプレイすると違法

カジノによって様々なドレスコードやほかのルールがあります。

オンラインカジノの場合、服装などの制限がありませんが、何歳から利用できますか?

そう、オンラインカジノでも年齢制限があります。

具体的に何歳からと言うと、運営会社によってそれぞれ異なりますが、基本的に18~21歳以上のとなっています。

例えばクイーンカジノは、18歳未満の方、もしくはユーザーに適用される法律によって規定される最小法定年齢未満の場合はアカウント登録ができません。

詳しくはクイーンカジノの利用規約をご覧ください。

クイーンカジノは、18歳未満の方、もしくはユーザーに適用される法律によって規定される最小法定年齢未満の場合はアカウント登録ができません。
クイーンカジノの利用規約より

また、18歳であっても高校生である場合は利用禁止とされていることも多いです。

最初のアカウント登録だけではなく、一定期間を過ぎると、本人確認書類の提出が必要なことが多いです。

出金申請の際に、また本人確認・住所確認書類の提出が求められ、かつ本人名義の口座でないと認められないなど様々な制限が設定されています。

そのため、学校を卒業して、指定年齢を超えてから、オンラインカジノで遊びましょう。

カジノは何歳からプレイできるのか?まとめ

カジノは何歳からプレイできるのか?まとめ

前文では、世界中で最も有名なラスベガス・マカオを始め、日本人にとっては比較的に行きやすいアジア範囲内のカジノ、またはオンラインカジノの年齢制限について紹介しました。

ほかには、オーストラリア、ヨーロッパなどの選択肢もありますが、基本的に最低のほうでも18歳以上であることが条件です。

以下、本記事で紹介した各国・地域でカジノの年齢制限をまとめました。

国・地域カジノの年齢制限
アメリカ21歳以上
マカオ21歳以上
韓国19歳以上
シンガポール21歳以上
フィリピン21歳以上
オンラインカジノ18~21歳以上(カジノによって高校生ではないという制限も)

また、現地のカジノではドレスコードなどの独自のルールを設けている可能性があるため、行く前に確認しておくことがおすすめです。

年齢制限の条件も含めて、ご自分に最適なカジノを見つけますように!

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

カジノは何歳からプレイできるのか?韓国・アメリカ・マカオなどの海外事情を解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

岩永 希美のアバター 岩永 希美 Webライター

世界各国の著名カジノでディーラーとして豊かな経験を積み重ねた後、カジノゲームと戦略に関する専門Webライターとして転身。数千人のプレイヤーに対してゲームを提供し、カジノゲームのルール、戦略、心理戦に関する深い知識を持っている。その経験を活かし、プレイヤーがカジノゲームをより深く理解し、楽しむための戦略やコツを提供する記事を執筆中。

目次