クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

ラブシェール法と逆ラブシェール法の違いは?各特徴をシミュレーションして解説【オンラインカジノ】

ラブシェール法と逆ラブシェール法の違いは?各特徴をシミュレーションして解説【オンラインカジノ】

カジノでは、プレイヤーは様々な戦略を駆使して立ち回っています。

その中でもラブシェール法と逆ラブシェール法は、多くのギャンブラーに使われている戦略です。

勝率が安定しやすく、ルーレットやブラックジャックなどの人気ゲームで使えることから、多くのギャンブラーが使っています。

本記事では、「ラブシェール法」と「逆ラブシェール法」を比較し、それぞれの使い方やメリットを紹介します。

カジノで勝率を上げたいという方は、ぜひ、本記事を参考にしみてください。

目次

ラブシェール法の特徴と使い方

ラブシェール法の特徴と使い方

ラブシェール法は、ネガティブプログレッションに分類される戦略です。

ネガティブプログレッション戦略とは、ベット額を徐々に増やしていき、最終的にはプラス収支に持っていくための戦略です。

もちろんリスクも高くはなりますが、軍資金が潤沢に用意できるのであれば、勝率は安定します。

あわせて読みたい
カジノは何歳からプレイできるのか?韓国・アメリカ・マカオなどの海外事情を解説 カジノといえば、「大人の世界」というイメージがあるでしょう。 確かに、それはおそらく世界中共通の認識であり、各国のカジノは法律によって年齢制限を設けています。...

ラブシェール法の使い方とその具体的な手順

ラブシェール法の手順は以下の通りです。

  1. 目標額を設定する
  2. 数列を作成する(1,2,3,4など)
  3. 数列の最初と最後を足して、最初に賭ける金額を決める(1,2,3,4の数列の場合、1+4=5が最初に賭ける金額)
  4. 勝った場合、数列の最初と最後の数字を消す。負けた場合は、賭けた金額を末尾に足す
  5. 数列の全ての数字が消え切るまで3と4を繰り返す

ラブシェール法のメリット・デメリット

ラブシェール法のメリット・デメリット

ここでは、ラブシェール法のメリットとデメリットに関して、カジノ初心者にも分かりやすく解説します。

ラブシェール法のメリット

ラブシェール法には、以下のようなメリットが存在します。

項目詳細
カスタマイズが可能数列はカスタマイズ可能なので自分の好みの賭け額から始めることができます。
さまざまなカジノゲームに使用できるラブシェール法は、ブラックジャックやルーレットだけでなく、スポーツベットにも応用できる戦略なので、汎用性が高いです。

ラブシェール法のデメリット

ラブシェール法には、メリットがたくさんありますが、その反面デメリットも存在します。

いくつかデメリットもご紹介していきます。

項目詳細
確実に勝てるわけではないラブシェール法だけでなく、他の戦略にも言えることですが、ギャンブルに必ず勝てる必勝法は、存在しません。そのことはしっかり理解しておいた方がいいでしょう。
ルールに従わなければいけないラブシェール法で最も大切なことは、前提のルールに遵守することです。気分で賭け金を変えたりしたら、勝率がガクッと下がってしまう可能性があるので、常にルールに沿った賭け額を賭けましょう。
あわせて読みたい
カジノの3大ダイスゲーム!基本ルール・賭け方を徹底解説 歴史が古く、昔から世界中にプレイされてきたダイスゲーム。 そのシンプルさと明快さのため、現代のカジノでも人気の定番ゲームになっています。 この記事では、カジノ...
あわせて読みたい
オンラインカジノのおすすめテーブルゲーム5選!その特徴ややり方を解説【初心者向け】 初めてカジノに行くと、どのゲームを選べばいいのか迷ってしまうことがあるかもしれません。 そこで、初心者でも楽しめるおすすめのテーブルゲームを5つをご紹介します...

逆ラブシェール法の特徴と使い方

逆ラブシェール法の特徴と使い方

逆ラブシェール法はラブシェール法とは異なり、ポジティブプログレッションに分類される戦略です。

ポジティブプログレッションは、勝った場合に賭け額を増やしていくという戦略です。

逆ラブシェール法の使い方とその具体的な手順

逆ラブシェール法の手順は以下の通りです。

  1. 目標金額を設定する
  2. 数列を作成する
  3. 数列の最初と最後の数字を足して最初に賭ける金額を決める
  4. 勝った場合、賭けた金額を数列の末尾に足す。負けた場合、数列の最初と最後の数字を消す。
  5. 数列の数字が全て消えるか目標金額に達するまで4を繰り返す。

逆ラブシェール法のメリット

逆ラブシェール法のメリットは以下の通りです。

項目詳細
連勝することで大勝ちできる可能性がある逆ラブシェール法は、勝った場合に賭け金を増やすため、連勝すると大勝ちできる可能性があります。
達成感がある逆ラブシェール法は、数列の数字を消したり足したりを繰り返す戦略なので、達成感を味わうことができます。

逆ラブシェール法のデメリット

逆ラブシェール法にはデメリットも存在します。

項目詳細
負けてしまう可能性もある逆ラブシェール法は、リスクが低めの戦略ではありますが、連敗すると負けてしまう可能性もあります。
ベット額が増える可能性がある連敗を経験すると、ベット額が急速に増え、マイナス収支になってしまう可能性があります。
あわせて読みたい
カジノ・ルーレットの禁止手法とおすすめの賭け方を解説【初心者向け】 ルーレットとは、数字が書かれる円盤に球を投げ入れ、その落下位置を当てるカジノゲームです。 ルーレットは300年以上の長い歴史を持ち、カジノの女王でも呼ばれ、映画...

ラブシェール法と逆ラブシェール法比較

ラブシェール法と逆ラブシェール法を比較

ここでは、ラブシェール法と逆ラブシェール法を比較し、それぞれどちらの戦略がおすすめなのかを初心者にも分かりやすく解説します。

ラブシェール法と逆ラブシェール法の共通点

ラブシェール法と逆ラブシェール法の共通点は、数列を使い、ゲーム毎にベット額を変更するという点です。

当然ですが、両者ともにプラス収支を目指す戦略です。

ラブシェール法と逆ラブシェール法の異なる点

共通点も多い両者ですが、異なる点ももちろん存在します。

最も大きな違いは、ポジティブプログレッションなのかネガティブプログレッションなのかという点です。

勝った時にベット額を増やすのか、負けた時にベット額を増やすのかが異なるので、両者は真逆の戦略であると言えますね。

ラブシェール法と逆ラブシェール法は、結局どっちの戦略がおすすめなの?

ラブシェール法と逆ラブシェール法のどちらがおすすめかは、軍資金によります。

ラブシェール法は、負けた場合に賭け額を上げていかなくてはいけない戦略なので、それなりの軍資金を用意する必要があります。

その一方逆ラブシェール法であれば、勝った場合に賭け額を増やす戦略なので、勝った金額をそのまま上乗せしていくことができます。

なので、どちらがおすすめかは、軍資金次第だと言えます。

ただ、どちらの戦略も必ず勝てる必勝法ではないということは、理解しておいた方がいいでしょう。

両方の戦略をまずは試してみることをおすすめします。

小さな金額から試し、自分にあっているといると思う方の戦略を使うようにしましょう。

ラブシェール法と逆ラブシェール法の違いは?まとめ

ラブシェール法と逆ラブシェール法の違いは?まとめ

ラブシェール法と逆ラブシェール法は、どちらもメリットがある戦略です。

ラブシェール法逆ラブシェール法
<メリット>
・カスタマイズが可能
・さまざまなカジノゲームに使用できる

<デメリット>
・確実に勝てるわけではない
・ルールに従わなければいけない
<メリット>
・連勝することで大勝ちできる可能性がある
・達成感がある

<デメリット>
・負けてしまう可能性もある
・ベット額が増える可能性がある

世界中で使われている戦略なので、使って間違いはないでしょう。

ただ、何度も繰り返しとなりますが、カジノで必ず勝てる必勝法は、存在しないので、負ける場合も想定して責任持って実践するようにしましょう。

ラブシェール法と逆ラブシェール法の違いは?各特徴をシミュレーションして解説【オンラインカジノ】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

岩永 希美のアバター 岩永 希美 Webライター

世界各国の著名カジノでディーラーとして豊かな経験を積み重ねた後、カジノゲームと戦略に関する専門Webライターとして転身。数千人のプレイヤーに対してゲームを提供し、カジノゲームのルール、戦略、心理戦に関する深い知識を持っている。その経験を活かし、プレイヤーがカジノゲームをより深く理解し、楽しむための戦略やコツを提供する記事を執筆中。

目次