クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

競馬の払い戻しはいつからいつまで? 上限は?払戻期限と計算方法を解説

競馬の払い戻しはいつからいつまで? 上限は?払戻期限と計算方法を解説
  • 「競馬の払い戻しって?」
  • 「払い戻しはいつからいつまで可能なの?」
  • 「払い戻しの上限額は?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、払い戻しの種類やルール、高額払い戻しの事例について、初心者にも分かりやすく解説します。

最後まで読んでいただくことで、払い戻しというシステムをより深く理解し、より楽しく競馬を楽しむことができるようになるでしょう。

目次

競馬の払い戻しの基本知識

競馬の払い戻しの基本知識

払い戻しの基本と、その計算方法について説明します。

ここでは、払い戻し金=オッズの数字を100倍した数と覚えてもらえれば大丈夫です。

馬券によって払い戻し率も違うので、参考にしてみてください。

競馬の払い戻しとは何か?

競馬の払い戻しとは、レースの賭けに勝利した際に受け取ることができる報酬のことです。

当てることが難しい「3連単」や、人気の低い馬に賭けたときは、払い戻される額も高くなります。

ちなみに、賭け金100円に対する払戻金が1万円以上になったものは、「万馬券」と呼ばれます。

万馬券は、金額の大きさによっては自動販売機で清算できないものもあるので注意しましょう。

払い戻しの計算方法を解説

払い戻し金額の計算方法はさまざまですが、オッズを見るのが一番わかりやすいでしょう。

オッズとは、賭けに勝った際に払い戻される率のことです。

中央競馬では、競馬場にある大きな電光掲示板に表示されています。

掲示されているのは、100円に対する払い戻し率だということを覚えておきましょう。

例えば、単勝のオッズが1.8倍だったとします。

あなたが単勝の馬券を1000円分買っていたら1800円、10000円分買っていたら18000円払い戻されます。

するとそれぞれ収支が800円、8000円分プラスになるわけです。

馬券の種類による払い戻し率の違い

オッズ、つまり払い戻し率は、馬券の種類によって変わってきます。

馬券の種類払い戻し率
単勝・複勝80%
枠連・馬連・ワイド77.5%
馬単・3連複75%
3連単72.5%

払い戻し率だけを見ると、単勝・複勝のリターンが一番大きいと思うかもしれません。

しかし、払い戻される金額自体は、3連単のような複雑な賭け方のものほど高くなります。

的中させやすい単勝や複勝で地道に勝っていく方法と、3連単など、オッズも難易度も高い大きな賭けに出る方法。

状況をよく見極めて予想し、馬券を買うことをおすすめします。

競馬の払い戻しのタイミングと期限

競馬の払い戻しのタイミングと期限

払い戻しのタイミングと期限について解説します。

競馬のルール上、レースのあとにすぐ換金する必要はありません。

しかし換金できる期限が存在するため、忘れないうちに払い戻しの手続きをとることをおすすめします。

払い戻しはいつ行われるのか?

払い戻しは、該当するレースが終了してから60日の間で行うことができます。

特に馬券を持ち帰る理由がない場合は、レースの間の空き時間等を使い、競馬場にある自動販売機や窓口で払い戻してもらいましょう。

その際に馬券が必要になるので、馬券はお金が払い戻されるまで大切に保管しましょう。

馬券が曲がっていたり破れていたりすると、自動販売機に読み取られない可能性があるため注意が必要です。

いつからいつまで?払い戻し期限と未払い戻しに注意

払い戻し期限は、馬券を購入した日から60日間です。

60日を過ぎてしまうと払い戻しができなくなるので注意しましょう。

また、払い戻しの期限日が休務日となっていることもあります。

その場合は、翌日に換金可能となります。

払戻休務日の確認は、JRA公式ホームページをご確認ください。

特別な理由がない限りは、払い戻し期限が迫る前に、早めに払い戻しを済ませておきましょう。

あわせて読みたい
【初心者向け】おすすめのオンカジスロット台8選【2024年最新】 オンラインカジノのスロットは、日本のパチスロに負けず劣らない演出の派手さや爽快感があり、厳しいスペック規制もないため1撃100万円を狙えるような爆発力を秘めてい...

競馬における高額払い戻しの事例

競馬における高額払い戻しの事例

過去に起きた高額払い戻しの事例を紹介します。

事例をもとに、高額な配当金を得るコツなどをチェックしましょう。

また、6億円とも6000万円ともいわれる払い戻しの上限額についても説明します。

高額払い戻しの実例と成功事例を分析

お笑いトリオ「インスタントジョンソン」の大ボケ担当「じゃい」さんは、競馬芸人としても知られています。

じゃいさんは2014年に4432万円、2012年に3775万円、2020年に6410万円、そして2022年8月にはWIN5で9370万円の馬券を的中させました。

そんなじゃいさんは、「自分のスタイルを維持して常に心を冷静に保つことが大切」だと話しています。

大事なのは賭け方よりも、的中しなかった際に慌てたり焦ったりしない気持ちなのかもしれません。

また、じゃいさんは買う馬券の数や使用する金額まで決めているそうです。

じゃいさんのお話から、一時の感情に流されず、適切なリスクマネジメントを行うことが大切だということがわかりました。

6億?6000万?競馬における払い戻し金額の上限について

競馬の払い戻し金額の上限について調べてみると、6億や6000万だという結果が出てきて、どちらなのか迷ってしまうかもしれません。

結論から書くと、競馬の払い戻し金額の上限は、「WIN5が6億円」「それ以外の馬券は6000万円」です。

いずれも賭け金100円に対する金額なので、覚えておきましょう。

また、払い戻し金が100万円を超えた場合は、自動販売機ではなく有人の窓口へ行きましょう。

払い戻し金は銀行振り込みなどではなく、その場で手渡しされます。

そのため、帰りはタクシーを使うなどして、配当金の紛失を防ぐことも大切になります。

あわせて読みたい
競馬の最高配当額と獲得戦略・おすすめの賭け方を徹底解説【3連単で2000万】 この記事では、歴代の記録や獲得戦略、高額配当を生むレースの特徴と傾向をご紹介します。 最新の配当ランキングと予想のコツも、合わせて解説しています。 競馬愛好家...

競馬の払い戻しを最大限に活用する方法

競馬の払い戻しを最大限に活用する方法

払い戻し率を上げるコツと、下げないために気をつけるべき点について触れていきます。

特にトリガミは、競馬初心者が陥りがちな失敗のひとつなので、気をつけましょう。

払い戻しを活用した戦略

払い戻し率を上げる戦略として、オッズを参考に高額な配当金を狙える馬券を買うことが挙げられます。

3連単やWIN5で賭けてみたり、評価や期待値の低い馬の馬券を買ってみるといいでしょう。

しかし、配当金の高い馬券にはそれなりのリスクがあります。

しっかりと分析・予想したうえで勝負に挑むことをおすすめします。

また、レース選びも重要になります。

的中率が高いことと引き換えに配当金が少ない単勝ですが、オッズによっては高額は払い戻しを受けることもできるので要チェックです。

払い戻し率を下げないためのコツ

払い戻し率を下げないためのコツは、「トリガミ」にならないことです。

トリガミは「ガミった」などと言うこともあり、競馬の他にも競艇やオートレースでも使われる言葉です。

トリガミとは、予想が的中したにも関わらず、収支がマイナスになってしまうことを指します。

的中したのに収支がマイナスになるというのはどういうことなのでしょうか。

例えば、とあるレースに出馬する馬すべてに単勝で賭けるとします。

その場合、一枚の馬券は必ず的中しますが、他の馬券はすべて外れてしまいます。

的中した馬券の払い戻し金額が馬券を購入した際に支払った金額を上回らない場合、トリガミになってしまいます。

とにかく当てたい!という場合は別にして、競馬で収支をプラスにしたいという方は、トリガミにならないように気を付けましょう。

競馬の払い戻しはいつからいつまで? 上限は?払戻期限と計算方法を解説:まとめ

競馬の払い戻しはいつからいつまで? 上限は?払戻期限と計算方法を解説:まとめ

本記事では、競馬の払い戻しについて説明しました。

本記事のポイント

・払い戻し率は馬券の種類によって違う

・払い戻し期限はレースから60日間。期限切れにならないように注意

・100円あたりの払い戻し上限額は6000万円、WIN5のみ6億円

・払い戻されるお金は窓口にて直接手渡し

・トリガミにならないように注意

2019年には、WIN5の的中者が4億7180万9030円もの払い戻し金を手にしています。

本記事をお読みになった方は、競馬の買い方について初心者にもわかりやすく書かれているこちらの記事もおすすめです。

競馬の払い戻しはいつからいつまで? 上限は?払戻期限と計算方法を解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

佐藤 浩二のアバター 佐藤 浩二 Webライター

公営競技の運営スタッフとして10年以上の経験を積んだ後、公営競技専門のWebライターに転身。競馬、競輪、ボートレース、オートレースなど、様々な公営競技において、競技の運営から賭け方、戦略に至るまで幅広い知識を保有。その期間中、数十万のファンと接し、イベントの企画・実施に携わり、多くの成功を収めた。

目次