クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

ブラックジャックのインシュランスとは?期待値や使うタイミングを解説

ブラックジャックのインシュランスとは?期待値や使うタイミングを解説

ブラックジャックでは、インシュランス(Insurance)というオプションが行えます。

その名前は「保険」という意味で、自分のベット金を守るという目的で使用するアクションです。

しかし、インシュランスを使うと逆に損するという声もあります。

この記事では、

  • ブラックジャックにおいてインシュランスの使い方
  • 保険をかけるオプションなのになぜ期待値がマイナスになるのか?
  • ブラックジャックの様々なケースでインシュランスどんな効果を発揮するのか?

について詳しく解説していきます。

ブラックジャックのインシュランスの実際効果に気になる方は、自分のベット金を無駄に損しないように、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

目次

ブラックジャックのインシュランスとは?

ブラックジャックのインシュランスとは?

ブラックジャックでインシュランスを使用するには、条件があります。

それは、ディーラーの公開されているカード(アップカード)が「A」ということです。

ブラックジャックのルール上、ディーラーのアップカードがAの時にのみ、プレイヤーはインシュランスを選択することができます

なぜなら、ディーラーのアップカードがAの場合、プレイヤーが不利になるからです。

ブラックジャックで、10点のカードは4種類(10、J、Q、K)もあり、一方ほかのカードは数字のままカウントするため、10点が出る確率が約30%もあるほど高いです。

ブラックジャックで10点が出る確率が約30%もある

ディーラーのアップカードがAで、伏せたカードは10点のカードの場合、ディーラーは最初の2枚でブラックジャックが成立します。

その場合、プレイヤーにとって最も良い結果でも引き分けになり、負けてベット金を失う可能性が高いです。

インシュランスは、そのディーラーがブラックジャック成立することに対するベットです。

カジノでブラックジャックをプレイする時、ディーラーのアップカードがAの場合、ディーラーからインシュランスをかけるかどうかと、声をかけてきます。

そこで、インシュランスをするかどうかを判断するのがポイントです。

プレイヤーは相手がブラックジャックを揃える状況を予想し、そのままふつうにプレイしていくと自分が負けてしまいそうと判断したら、最初のベット額の半分を追加で支払います。

その金額で、ディーラーのハンドがブラックジャックになることにベットしましょう。

ディーラーが予想通りにブラックジャック成立する場合、インシュランスベット分(最初のベット額ではなく)の3倍が戻ってきます。

なお、インシュランスをかけた後も、ブラックジャックの本戦が続きます。

インシュランス後は本戦がスキップされ、直接ディーラーのハンドはブラックジャックかどうかを確認するステップに入るわけではありません。

ブラックジャックではインシュランスの期待値はどのくらい?

ブラックジャックではインシュランスの期待値はどのくらい?

「得」が「利益が出る」「期待値がプラスになる」を意味するなら、ブラックジャックのインシュランスは絶対に得はしません。

名前の通り、インシュランスはより多くの利益を追求することではなく、自分が不利な場合で損失を回避するようなアクションです。

最初にベットした金額を1ドルにすると、インシュランスで支払う金額が0.5ドルになり、合計で1.5ドルを払います。

ディーラーがブラックジャックになり、予想が的中した場合、戻ってくる金額が0.5ドルの3倍、つまり1.5ドルとなります。

支払う金額と獲得金額が同じなので、期待値が「0」となります。

支出と収益が相殺するので、ブラックジャックのインシュランスはそもそも利益が出ないアクションです。

インシュランスベットを100回やっても、ブラックジャックの期待値をプラスにすることが難しいでしょう。

インシュランスはあくまでも保険で、自分が不利な場合の救済措置です。

逆転勝利を狙う手ではありませんので、ご注意ください。

あわせて読みたい
ブラックジャックの期待値は何を表す数値?計算方法や勝率との違いも合わせて解説 ブラックジャックは、ランドカジノ・オンラインカジノに関わらず最も人気のある定番ゲームの一つです。 カジノに詳しくない方も、必ずどこからブラックジャックの名を聞...

ブラックジャックではインシュランスは得か損か?様々のケースで効果検証

ブラックジャックではインシュランスは得か損か?様々のケースで効果検証

結論からいうと、ブラックジャックでインシュランスを使うことは損する可能性があります。

ここでは、インシュランスの使用場面を4ケースに分けて、どんな場合でインシュランスをしても損するのかを見てみましょう。

補足説明

実は、インシュランスをブラックジャックの本戦とは別で、もう一つの「追加ベット」をみなされることができ、「サイドベット」とも呼ばれます。

ブラックジャックの本戦とインシュランスベットの勝負は、それぞれで行われます。

そのため、このラウンドで最終的に損失を回避できるかどうかは、インシュランスの的中かハズレかだけでなく、本戦(オリジナルベット)の結果も含めて考える必要があります

以下の例の最初のベット額を「1ドル」として、インシュランスベットを「0.5ドル」として計算します。

インシュランス的中・本戦で負けたケース


プレイヤーの合計値は、「21」以外の数値です。

それに対して、ディーラーのアップカードは「A」で、裏向きのカードが「10」や「絵札」です。

ブラックジャックでインシュランス的中・本戦で負けたケース

ディーラーの手札にブラックジャックが出て、本戦でプレイヤーは負けとなります。

そのためオリジナルベットの「1ドル」が没収され、本戦の損益は「-1ドル」です。

一方、「ディーラーの手札がブラックジャック」というインシュランスベットが的中しました。

インシュランスベットの3倍、つまり「1.5ドル」が戻ってきます。

インシュランスベットの損益は勝利金からベット額を引くので、「1.5-0.5=1ドル」です。

よって、このラウンドのトータル損益は「-1+1=0」です。

期待値が「0」ということで、損も得もしません。

しかし、インシュランスをしない場合、プレイヤーの負けにより、損益は「-1ドル」となります。

インシュランスのルール上、これが1番メリットのあるケースで、確実に損失を回避できます。

インシュランス外れ・本戦で勝利したケース


プレイヤーのハンドは「9・10」で、ディーラーのハンドは「A・7」とします。

ディーラーの合計値は「A+7=18」となり、一方プレイヤーの合計値は「9+10=19」。

よって、オリジナルベットはプレイヤーの勝利です。

ブラックジャックでインシュランス外れ・本戦で勝利したケース

ディーラーのアップカードは「A」で、裏向きのカードが10点のカードではありません。

つまり、ブラックジャックではないので、インシュランスベットの予想が外れ、その分のベット額(0.5ドル)が没収されてしまいます。

一方、オリジナルベットで勝利したので、最初のベット額分の利益1ドルを獲得します。

よって、このラウンドのトータル損益は「1-0.5=0.5ドル」です。期待値がプラスになりました。

しかし、インシュランスをかけない場合、プレイヤーの勝利により、利益が「1ドル」になります。

インシュランスによって、得られるはずの利益が「0.5ドル」も減りました。

これが、インシュランスの使用が逆効果になるケースです。

インシュランス外れ・本戦で負けたケース


プレイヤーのハンドは「9・10」で、ディーラーのハンドは「A・9」とします。

「A+9=20」となり、ディーラー専用ルールに決められた17点を超えたので、このまま勝負することができます。

ブラックジャックでインシュランス外れ・本戦で負けたケース

ディーラーの20点はプレイヤーの19点より高いので、本戦はディーラーの勝利です。

よって、プレイヤーのオリジナルベット「1ドル」が没収され、損益は「-1ドル」になります。

ディーラーのハンドは20点で、ブラックジャックではありません。

インシュランスの予想が外れたので、インシュランス分のベット額「0.5ドル」も没収されました。

そのため、トータル損益は「-1-0.5=-1.5」となります。

インシュランスをかけない場合、損失はオリジナルベットの「1ドル」のみだったのに、インシュランスにより損失が大きくなりました。

インシュランス的中・本戦で引き分けになったケース


プレイヤー・ディーラー両方がブラックジャックが成立した場合、インシュランス的中・本戦で引き分けの状況となります。

ブラックジャックでインシュランス的中・本戦で引き分けになったケース

引き分けの場合、オリジナルベットが戻ってきて、損益は「0」となります。

インシュランスは的中したので、利益は払い戻し「1.5ドル-0.5ドル(インシュランスベット)=1ドル」となります。

本戦での期待値は「0」ですが、インシュランス的中によって、トータル損益はプラスになりました。

ただし、この選択もリスクがあります。

プレイヤーがブラックジャックで、ディーラーがブラックジャックではない場合、「インシュランス外れ・本戦で負けたケース」のようにインシュランスをかけないほうが多くの利益を獲得できます。

また、プレイヤーがブラックジャック成立の時点で自動的に勝つとなるブラックジャックもあり、特にオンラインカジノでは多いです。

その場合は、システムによって行動順番が次の人にまわってくるため、インシュランスをかけることができないケースもあります。

あわせて読みたい
ブラックジャックのディーラー限定ルールとは?戦略上の注意点も合わせて解説 「ブラックジャックは、勝てるカジノゲームと言われているのになぜ勝てない……」という疑問を抱えていませんか? 実は、それはブラックジャックの基本ルールを覚えている...

ブラックジャックのインシュランスとは?:まとめ

ブラックジャックのインシュランスとは?:まとめ

ここまで、ブラックジャックのインシュランスというアクションについて解説しました。

インシュランスは、元の状況より収支をプラスにすることができるのは、インシュランス的中の場合のみです。

簡単に確率から考えても、ブラックジャックで10点のカードを引く確率は30%で、逆にディーラーの裏向きのカードは10点ではない確率は70%もあります。

つまり、インシュランスで負ける確率は70%です。

利益ができるのが難しいことで、基本的にブラックジャックではインシュランスは積極的に行うべきアクションではないといえるのです。

また、インシュランスありのライブブラックジャックでプレイしても、ディーラーのアップカードが「A」だったら強制的にインシュランスをかけなければならないことはないので、安心して楽しんでください!

あわせて読みたい
ブラックジャックのスプリットとは?その意味や条件・使えるタイミングなどを解説【カジノ初心者向け】 ブラックジャックのルールが比較的にシンプルとは言え、カジノによって特別ルールが用意されている場合もあります。 例えば、「スプリット」というルールは耳にしたがあ...
あわせて読みたい
ブラックジャックのベーシックストラテジーとは?具体的な勝率や覚え方を解説【勝てない人必見】 ブラックジャックをプレイする時、次にどのようなアクションを取るべきのか、悩んだことがありませんか? 特に手札の合計数値が少し微妙な場合、「もうちょっとほしい!...
ブラックジャックのインシュランスとは?期待値や使うタイミングを解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

岩永 希美のアバター 岩永 希美 Webライター

世界各国の著名カジノでディーラーとして豊かな経験を積み重ねた後、カジノゲームと戦略に関する専門Webライターとして転身。数千人のプレイヤーに対してゲームを提供し、カジノゲームのルール、戦略、心理戦に関する深い知識を持っている。その経験を活かし、プレイヤーがカジノゲームをより深く理解し、楽しむための戦略やコツを提供する記事を執筆中。

目次