クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

バカラのカードカウンティングとは?やり方や期待値・禁止事項を解説【カジノ必勝法】

バカラのカードカウンティングとは?やり方や期待値・禁止事項を解説【カジノ必勝法】

カードカウンティングは、バカラの必勝法の一つとして知られています。

バカラだけでなく、トランプを使ってプレイするゲームならほとんど使えます。

カードカウンティングとは、参加者が過去に出たカードを記録し、それによってデッキ内残りのカードを把握し、次に出るカードを推測するという攻略法です。

バカラでは、これからの勝負はバンカー・プレイヤーどちらが有利になるかを計算することができます。

そこで今回は、

  • バカラカウンティングの使い方や効果
  • バカラカウンティングの代表的なシステム
  • バカラカウンティングを使用する際の注意点

を詳しく紹介します。

バカラカウンティングは特にデッキ内のカードがある程度消耗されたゲームの後半に使用することで、効果を発揮すると信じられています。

目次

バカラのカードカウンティングのやり方

バカラのカードカウンティングのやり方

バカラのカードカウンティングはその名の通り、カードを数えることです。

バカラではゲームに使われたカードが破棄され、デッキの中に戻さないため、配られたカードを記録することによって、デッキ内の残りカードを確実に把握することができます

バカラでは、ジョーカー以外の52枚のカードを使い、通常6デッキや8デッキでゲームを進行するという仕組みです。

もちろん、ディーラーはカードをシャッフルしますが、偏りが生じることは避けられません。

情報を収集してその偏りを把握し、これからのゲームの流れを予想することが、バカラのカードカウンティングの目的となります。

バカラのカウンティングのやり方を勉強する前に、まずは一つ覚えていただきたいことがあります。

それは、ランドカジノでは、カードカウンティングが禁止される行為となっていることです。カードカウンティングを行う場合は、自己責任でお願いします。

オンラインカジノなら、カードカウンティングを活用することができます。

バカラのカウンティングは非常に簡単で、基本的にはすでに場に出されたカードを記録することだけです。

メモの取り方は特に決まりがありませんが、代表的な書き方はまずカードの数字を1から順番で並び、そのカードが出たら数字の下に記録することです。

カードA28910
回数52384510742843

さらに、各カードの合計枚数を覚えておいたほうが、記録したデータを分析しやすくなるでしょう。

バカラでは通常6デッキ~8デッキを使用するため、6デッキの場合、A~9のカードはそれぞれ24枚であり、0点のカード(10、J、Q、K)は合計96枚となります。

8デッキの場合、A~9のカードはそれぞれ32枚であり、0点のカード(10、J、Q、K)は合計128枚となります。

ランドカジノでは、ペンと紙を取り出して堂々とカウンティングすることができません。

暗記することはできますが、かなり記憶力が必要です。

そのため、バカラを含めたゲームでのカウンティングは、カードカウンティングOKのオンラインカジノのみで行いましょう。

バカラのカウンティングでデッキの残りカードを把握できれば、それに基づいてプレイヤー・バンカーどちらに有利になるかを分析し、自分のベットを調整することが可能になります。

バカラの代表的なカードカウンティングシステム3選

バカラの代表的なカードカウンティングシステム3選

まず、バカラでプレイヤーが勝ちやすい条件と、バンカーが勝ちやすい条件について説明します。

バカラでプレイヤーが勝ちやすい条件は、未使用のカードに4以下のカードが多く残っていることです

4に近い数字が多ければ多いほど、プレイヤーが勝ちやすい状況だと言われています。

未使用のカードに4以下の数字が多く残っていると、プレイヤーのカードの合計値が10を超えにくくなり、9に近い数値でなりやすいです。

バンカーは、合計値が3~5でもスタンドするパターンがあります。

そのため、未使用のカードに4以下のカードが多く残っていることが、プレイヤーが勝ちやすい条件となります。

バカラでバンカーが勝ちやすい条件は、未使用のカードに6以上の数字が多く残っていることです

6に近いカードが多ければ多いほど、バンカーが勝ちやすい状況です。

未使用のカードに6以上の数字が多く残っていると、プレイヤーの合計値が10を超えて低い数値で終えるパターンが出やすくなります。

バンカーは合計値が3~5でもスタンドするパターンがあり、最終的に10を超えたプレイヤーより数値が高い可能性があります。

バカラのカウンティングでは、代表的なカウントシステムは3つあります。

数字ごとにカウントする

数字ごとにカウントする方法は、出たカードを1枚ずつ細かくカウントするやり方です。

このカウンティング方法では、場に出たカードを厳密にカウントするため、より正確なデータを獲得することができます。

ただし、カードを1枚ずつカウントするため、時間がかかってしまいます。

ハイ・ローカウントシステム

カードをいくつのグループに分けてそれぞれ点数につけ、特定の数字が出たら足し算でカウントします。

カード点数
A、2、3+1
4+2
5、7、8-1
6-2
9、10、J、Q、K0

これらの点数は、先程紹介したバカラでプレイヤー・バンカーそれぞれ有利になるカードの知識に基づいて付けられました。

4以下のカードがプレイヤーに有利であるため、プラスの数値になります。

6以上で6に近い数値がバンカーに有利であるため、マイナスの数値です。

上記のルールでカウントしていくと、合算値が15以下の場合はバンカーが有利で、合算値が16以上の場合はプレイヤーのほうが有利になります。

プレイヤー・バンカーに有利なカードを分けてカウンティング

プレイヤー・バンカーに有利なカードを分けてカウンティングするやり方は、ハイ・ローカウントシステムよりシンプルで、慣れていればメモを取らずに行うことも可能です。

このやり方は、バカラでプレイヤー・バンカーにそれぞれ有利なカードを仕分けて記録します。

ハイ・ローカウントに似たようなグループ分けですが、2つのグループしかないため、より覚えやすいでしょう。

プレイヤーに有利なカードは、「A・2・3・4」の4枚で、バンカーに有利なカードは、「6・7・8・9」です。

カードが均等に場に出ていない場合は、偏りが出ているというわけです。

プレイヤーに有利なカードとバンカーに有利なカードはそれぞれ何枚使用されたかを把握することで、次はどちらにベットするかを判断していきます。

カードを大きく2つに分けるだけのため、初心者でも覚えやすく、実戦でチャレンジしやすい方法です。

あわせて読みたい
バカラはなぜカードを絞る?絞りのやり方や意味を解説【カジノ初心者向け】 映画のカジノのシーンでは、バカラ(Baccarat)のディーラーや参加者が配られたカードを少しずつめくって確認する場面がよく出ていますよね? 次の展開に気にしすぎてた...

バカラのカードカウンティングを行う際の注意点

バカラのカードカウンティングを行う際の注意点

ここでは、バカラのカウンティングを使用する際の注意点について解説します。

ランドカジノではカウンティングが禁止されている

既に説明した通り、基本的にランドカジノではカウンティングが禁止されています

頭の中で暗記することはバレないが、スマホや紙でメモする、あるいは指で数えるなどの行為は禁止されています。

そのため、オンラインカジノでバカラのカウンティングを使用するほうが安心でしょう。

オンラインカジノでもカウンティングできない場合がある

オンラインカジノでは、コンピューターを相手としてバカラの場合、1ゲームが終了するたびにカードがシャッフルされることが多いです。

その場合、カウンティングを使用しても意味がありません。

ライブカジノゲームなら、同じシューを使用するため、カウンティングを利用することができます。

バカラのカードカウンティングとは?まとめ

バカラのカードカウンティングとは?まとめ

バカラのカウンティングとは、今まで配られたカードを記録することで、ゲームの過去履歴を把握し、価値をつかみ取る戦略の一つです。

カードカウンティングを行うことで残りのカードを把握し、得た情報に基づいて次にプレイヤー・バンカーのどちらにベットすべきかを分析します。

バカラのカウンティングは、ランドカジノでは禁止されているため、オンラインカジノで利用することがおすすめです。

はじめはカードを「プレイヤーに有利」「バンカーに有利」のように、大きく2つに分けてカウントする方法から試してみましょう。

バカラのカードカウンティングとは?やり方や期待値・禁止事項を解説【カジノ必勝法】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

岩永 希美のアバター 岩永 希美 Webライター

世界各国の著名カジノでディーラーとして豊かな経験を積み重ねた後、カジノゲームと戦略に関する専門Webライターとして転身。数千人のプレイヤーに対してゲームを提供し、カジノゲームのルール、戦略、心理戦に関する深い知識を持っている。その経験を活かし、プレイヤーがカジノゲームをより深く理解し、楽しむための戦略やコツを提供する記事を執筆中。

目次