クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

バカラはなぜカードを絞る?絞りのやり方や意味を解説【カジノ初心者向け】

バカラはなぜカードを絞る?絞りのやり方や意味を解説【カジノ初心者向け】

映画のカジノのシーンでは、バカラ(Baccarat)のディーラーや参加者が配られたカードを少しずつめくって確認する場面がよく出ていますよね?

次の展開に気にしすぎてたまらなく、見るだけでドキドキしちゃいます。

実は、それは映画に限られる表現ではなく、実際にカジノでバカラをプレイする際も行われている、バカラの「絞り」(スクイーズ)という演出です。

カードを一気にオープンするではなく、縦・横からゆっくりとめくり、少しずつ点数を確認します。

こういう演出は、バカラの人気の理由の一つであり、バカラの醍醐味であるまで言われています。

  • バカラはなぜカードを絞る?
  • バカラの「絞り」のやり方は?
  • 絞りのマナーは?

などの疑問を抱えている方や、バカラの絞りを楽しんでみたい方は、ぜひこの文章の最後まで読んでいただきたいです。

目次

バカラはなぜカードを絞る?その意味とは?

バカラはなぜカードを絞る?その意味とは?

「バカラの勝負に何かの影響があるのか?」と思われる方もいるでしょうが、バカラの「絞り」自体は単純にカードをめくる行為だけで、点数に影響が出る効果は期待できません。

では、バカラでわざわざカードをじわじわとめくる理由は何でしょうか?

バカラとは、参加者はバンカープレイヤーという仮想の二人の間の勝負の結果を予想して賭けるゲームです。

ディーラーが両方にカードを配り、それぞれの点数の合計によって勝負が決められます。

ポーカーのような戦略を考えながらゲームを進めていく要素がなく、バカラは運任せのゲームだと評価されることが多いです。

そして、勝負は仮想の二人の間で行われるため、ディーラーはバカラの参加者にカードは配られません。

オンラインカジノのバカラ

上の画像のように、ディーラーは自分の手前にある「PLAYER」と「BANKER」に書かれたエリアにカードを配っており、参加者にはカードを配りません。

これはオンラインカジノのバカラの画面ですが、ランドカジノにおいても同じように、カードの配りから公開まではディーラーが行います。

中には、「あれ?自分でカードを絞ることができないの?」と思った方もいるかもしれません。

例外として、最も高額なベットをした参加者がディーラーに代わってカードを捲ることができるバカラもあります。

(ミニバカラでは絞りができません)。

基本的には高額ベットをした参加者がカードを捲りますが、他の人に絞りを行う権利を譲ることもできます。

バカラの絞りでは、絞り役は指でカードの数字を隠すため、一瞬で結果が分かるわけではなく、参加者はまずちらっと見えた絵柄からどのカードなのかを推測します。

少しずつカードのマークから予測するという演出により、ゲームの緊張感が増します。他の参加者も感情が昂り、掛け声が飛ぶこともあります。

さらに絞り役は、テーブルを囲んだ参加者全員の注目を浴び、全員の期待が寄せるようになります。

その特別な満足感と、自分の手で少しずつ結果を明らかにする最高の臨場感を味わうためだけに、高額なベットをする参加者も少なくないです。

  • どちらが勝つのかという興奮や緊張感。
  • カードの数字が少しずつ見えてくるワクワク感。
  • 自分と同じ「プレイヤー」または「バンカー」に賭けた参加者たちからの応援。

このような熱くて刺激的な時間をさらに延長し、雰囲気をMAXにするのは、バカラの「絞り」という演出です。

この「絞り」というゲーム性の面白さもバカラがカジノで人気の理由の1つです。

オンラインカジノのディーラーが絞りを行っています
オンラインカジノのディーラーが絞りを行っています

上記の画像では、オンラインカジノのライブバカラのディーラーが絞りを行っています。

また、バカラの絞りという行為自体が、結果に直接影響するわけではありませんが、マカオなどのカジノでは、絞りは願掛けやげん担ぎの意味で行われているそうです。

カードの一部のマークが共通しているため、カード全体がオープンになる前に特定できないこともあります。

例えば、少ないほうの点数がほしい場合は、参加者たちは「吹け!」と叫ぶか、口で吹くや扇子などで風を送り、余った点数を飛ばすような所作を見せます。

以上のように、バカラは参加者による介入が少ないですが、絞りによって緊張感・臨場感・ライブ感といったプラス要素が加えられ、熱いゲームになっています。

そのため、絞りはバカラにおける最大の魅力とも言えるでしょう。

あまり時間がない参加者は、スピードバカラのような効率に特化したバカラを選ぶこともできます。

スピードバカラのディーラーは絞りを行わない

画像からは少し分かりにくいかも知れませんが、スピードバカラのディーラーはカードを公開する際には絞りを行わずに直接オープンするような形になっています。


ここまで読んで頂いた方は、「実際にバカラの絞りをやってみたい!」という気持ちが湧いてきませんか?

では早速、バカラの絞りのやり方について紹介します!

バカラの絞りのやり方

バカラの絞りのやり方

前文に紹介したように、基本的にバカラで絞りを担当する人は、それぞれ最も高額なベットをした人や、その人が指定した人(引きが強い人が多い)です。

どちらにしても、他の参加者の注目を集め、テーブル内の特別な存在になります。

そうなると、やはり上手くカードを絞り、場をさらに盛り上げていきたいですよね。

実は、バカラの絞りのルールなどはほとんどなく、絞り方は人それぞれです。

これから紹介する絞り方のポイントを押さえた上で、自分なりのめくり方で楽しめます。

基本のめくり方は、「縦絞り」と「横絞り」があります。

カードの数字を隠すので、自分の側の2つの角を両手の親指(人差し指も)で隠しながらめくりましょう。

縦絞り

まずは縦絞りです。カードを縦向きにしてめくりましょう。

親指でカードの左上の数をちゃんと隠れているかを注意しましょう。少しだけ絵柄が見えてきたら、戻すこともできます。

どれくらいめくるというと、マークのある数字カードを例にすれば、大体1行目のマークが見えるくらいの範囲が目安でしょう。

その少しだけ見えた絵柄からは、カードの正体の範囲をかなり絞られます。

以下のように、4パターンあります。

絵柄カードの範囲
絵柄(ピクチャー、コン)JQK
空白A
マークが1つ(タテ、モーピン)2、3
マークが2つ(足)4、5、6、7、8、9、10
縦絞り
マークが2つなので4~10ですね!

バカラでJQKはいずれも0点のため、続けて特定しなくても結果が分かるでしょう。

Aも一回の絞りで特定できます。

残り、マークが1つや2つの場合は、横絞りを足して予測していきます

横絞り

続けて、カードを横向きにしてめくりましょう。

今回数字は右上にあるため、それを親指で隠すように気をつけましょう。

横向きで見える絵柄は5パターンあります。

絵柄カードの範囲
絵柄JQK
空白(ノーサイド)A、2、3
マークが2つ(ツーサイド)4、5
マークが3つ(スリーサイド)6、7、8
マークが4つ(フォーサイド)9、10
横絞り
マークが2つなので4か5ですね!

これで、範囲はさらに絞ることができたのでしょう。

バカラでは「縦絞り→横絞り」の順番が多く見られますが、横絞りから始める参加者もいます。

絞りの順番によって、予測の方も変えていきます。

例えば「縦絞り」ではすぐAを特定できますが、「横絞り」からの場合ではA、2、3という3つの可能性があります。

斜め絞り

また、「斜め絞り」を入れて、バカラの絞り方をより多彩にすることができます。

例えば、まず横絞りでマークが3つや4つであると確認できたら、斜めからカードをめくり、中央の列のマークの有無や向きで結果を確認することができます。

例えば斜め絞りでアシがなければ、必ず「A 2 3」のいずれかとなります。

ツーサイドの場合は真ん中にマークがあれば5で、マークがなければ4となります。

斜め絞りの4はマークなし、5はマークあり

このように、正解は一つですが、それに導く道は複数あります。

基本のめくり方に慣れましたら、ぜひお好みで組み合わせして、バカラの楽しさをより一層増やしましょう!

あわせて読みたい
バカラのカードカウンティングとは?やり方や期待値・禁止事項を解説【カジノ必勝法】 カードカウンティングは、バカラの必勝法の一つとして知られています。 バカラだけでなく、トランプを使ってプレイするゲームならほとんど使えます。 カードカウンティ...

バカラでの絞りのマナー

バカラでの絞りのマナー

上で書いたように、バカラの絞りは自由であるが、基本的なマナーがあります。

カジノに行く前にそれを覚えておけば、よりバカラの絞りを楽しめるのでしょう。

敵側の絞り時の掛け声はNG

以上のように、自分の賭けている側の絞り時に一定程度内の掛け声をかけるや、幸運を祈る行為は大丈夫ですが、敵側にはしてはいけません。

特にバカラのゲームでついつい熱くなってきて、トラブルが生じることを避けましょう。

絞りを幸運の人に譲る

これは必須ではありませんが、絞りの権利をついている人に譲ることで、その運を借りられるかも知れません。

もちろんバカラではこういうルールがありませんし、そうしたら必ず勝つという保証もありません。

ただその場の空気を読んで行動を取れば、よりバカラを楽しんでいただけると思います。

バカラはなぜカードを絞る?まとめ

バカラはなぜカードを絞る?まとめ

ここまでバカラの絞りについていろいろ紹介してきましたが、いかがでしょうか?

バカラで絞りを行う時は、その目的を忘れないでください。

少しずづ絵柄を出すことによって、バカラのドキドキした雰囲気を延長してさらに楽しむということです。

結果はどうであれ、まずはその過程を楽しんでみましょう。

ほしいカードが来るという願いを込みながら、ゆっくりカードをめくってみしょう!

バカラはなぜカードを絞る?絞りのやり方や意味を解説【カジノ初心者向け】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

岩永 希美のアバター 岩永 希美 Webライター

世界各国の著名カジノでディーラーとして豊かな経験を積み重ねた後、カジノゲームと戦略に関する専門Webライターとして転身。数千人のプレイヤーに対してゲームを提供し、カジノゲームのルール、戦略、心理戦に関する深い知識を持っている。その経験を活かし、プレイヤーがカジノゲームをより深く理解し、楽しむための戦略やコツを提供する記事を執筆中。

目次