クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

オートレースの養成所は厳しい?その生活の実態を解説【費用・試験情報あり】

オートレースの養成所は厳しい?その生活の実態を徹底解説【費用・試験情報あり】
  • 「オートレースの養成所は厳しいの?」
  • 「養成所に入る条件が知りたい」
  • 「費用はいくらかかる?無償化したって本当?」

この記事では、オートレースの養成所に関する悩みや疑問を抱えるあなたに向けて、納得のいく回答を提示します。

養成所での生活やルールから、入学条件や入学試験・費用についても解説しているので、参考にしてみてください。

最後には、オートレーサーに向いてる人の特徴も説明しているので、要チェックです。

また、当たる予想の立て方や、おすすめの予想サイトについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

目次

オートレースの養成所は厳しい?生活の実態

オートレースの養成所は厳しい?生活の実態を解説

オートレース選手になるためには、養成所に通い、試験に合格しなければなりません。

この養成所は、正式名称を「オートレース選手養成所」といいます。

オートレースの養成所は厳しい、という話をよく聞きますが、果たして本当なのでしょうか。

ここでは、その謎に包まれた実態を調査し解説します。

訓練は早朝6時から

養成所の訓練は、早朝6時から始まります。

早起きが苦手な人にとって、これはなかなか厳しいかと思いますが、そんなことも言っていられません。

この訓練がまたハードらしいですが、どれぐらいハードなのかは訓練生にしか分からないことです。

公営競技の選手になるための養成所はどこも厳しいといいますが、オートレースも例外ではありません。

3歩以上の移動はダッシュ

訓練生が養成所で教官にいわれることとして、「3歩以上の移動はダッシュ」が挙げられます。

どこかへ移動するときに3歩で済むわけがないので、養成所での移動時は常に走らなければいけないということです。

この他にも、厳しいルールがたくさんあるとのことなので、これからオートレースの養成所へ入ろうとしている人は覚悟しなければなりません。

教官の怒号は当たり前

緊張感のない訓練生には、教官の怒号が飛ぶそうですが、これも当たり前の光景とのことです。

実際に、養成所に入ってしまえば慣れるのかもしれませんが、最初のうちはとくに怖いと感じることでしょう。

恋愛禁止

オートレースの養成所は、恋愛が禁止だということです。

最近では、オートレース選手を目指す女性も増えているので、今後さらにこの規律は厳しくなるかもしれません。

禁止ではあるものの、実際に恋愛をしている訓練生はいるかもしれません。

しかし、実際に養成所の中にいる人間にしかわからないことなので、実態は謎のままです。

飲酒・喫煙の禁止

たとえ成人を迎えていたとしても、養成所の訓練生である間は飲酒と喫煙が禁止されています。

特に、飲酒は酔った勢いで他の禁止事項を破ってしまうこともあるので、注意が必要です。

また、競輪とは違い肺をいたわる必要があまりないオートレースですが、喫煙もしてはいけません。

35期生は、不良の集まりだともいわれており、この禁止事項を破った訓練生がいるのではと噂されています。

スマホ禁止

養成所では、手紙はOKでもスマホは禁止です。

しかし、一切使用禁止というわけではなく、限られた時間になら使用してもいいことになっています。

35期生は、スマホの使用が原因で、多くの訓練生がデビューの機会を逃しました。

外出は月に1度のみ

養成所から外へ出ることができるのは、月に1度だけという決まりです。

これはなかなか厳しい規則ではありますが、慣れてしまえば意外と大丈夫だという訓練生も多いそうです。

選手としてデビューすれば外出するのはもちろん自由なので、それまでの辛抱だと考えることもできます。

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

オートレースの養成所に入るための厳しい条件

オートレースの養成所に入るための厳しい条件|オートレース

養成所に入るための条件について解説します。

オートレースの養成所に訓練生として入るには、ここで解説するさまざまな条件をクリアしなければなりません。

受験資格

オートレースの養成所に入るには、以下の受験資格を満たさなければなりません。

  • 満16歳以上(上限なし)
  • 運転免許証所持(原付免許でもOK)
  • 体重60kg以下
  • 裸眼の視力が0.6以上、矯正視力が1.0以上(両目)
  • 中学校卒業以上の学力を有している
  • 成年被後見人又は被保佐人でない
  • 過去に公営競技の法規に違反していない(罰金ならOK)
  • 禁固以上の刑を受けていない

入学試験

オートレースの入学試験は、1次試験と2次試験に分かれています。

1次試験を通過した人のみ、2次試験を受けることが可能です。

以下は、1次試験と2次試験それぞれの内容になります。

なお、入学試験の受験料は10,000円です。

第1次試験
場所東京・静岡・大阪・福岡
試験内容適性検査のみ
(性格・心理・運動機能)
第2次試験
場所オートレース選手養成所
試験内容① 適性検査
(性格、心理)
② 面接
③ 身体精密検査
(脳波・心電図・視力)
④ 体力検査
⑤ 技能検査
⑥ 人格・素行検査

2次試験に関しては、養成所にて2泊3日で実施されます。

費用は無料

オートレースの養成所でかかる費用は120万円でしたが、2024年から無償になりました。

しかし、自己都合やルール違反などの理由で退所する場合は、装具費用として30万円を負担しなければなりません。

入学試験を受験するために10,000円が必要になりますが、それ以外の費用は問題を起こさない限りは、かからないと思って大丈夫です。

オートレーサーに向いてる人の5つの特徴

オートレーサーに向いてる人は?

オートレーサーに向いてる人は、どのような人なのでしょうか?

ここでは、オートレース選手になるために必要な資質を解説します。

集中力と反射神経

オートレースの選手になるには、瞬間的な判断力と反射神経が必要です。

レース中に気を抜くと、事故を起こしてしまう可能性があるため、常に高い集中力を維持する能力が求められます​。

強いメンタル

レース中のプレッシャーに耐え、逆境を乗り越える強いメンタルが必要です。

養成所では、怒られることも多いうえに集団生活になるため、精神力が強靭でないと乗り越えるのは難しいでしょう。

また、地道なトレーニングやテスト走行を繰り返す忍耐力も必要です。

身体能力

体重制限があることからも分かるように、オートレースで活躍するには、身体のコンディションを維持するためのトレーニングが欠かせません。

元々身体能力が高いうえに、地道に努力できる人がオートレース選手に向いているといえるでしょう。

コミュニケーション能力

意外と大事なのが、コミュニケーション能力です。

オートレースは、他の選手だけでなくスタッフとの協力も必要不可欠なため、ある程度のコミュニケーション能力はあったほうがいいでしょう。

学び続ける気持ち

バイクの整備技術や走行技術など、オートレースの養成所では学ぶことがたくさんあります。

そんな中で大切になってくるのが、学び続ける気持ちです。

養成所での厳しい訓練を乗り越えるためには、不断の努力に加え、この姿勢が求められるでしょう。

結論:オートレースの養成所は厳しい

結論:オートレースの養成所は厳しい

この記事を、最後まで読んでいただければお分かりかと思いますが、オートレースの養成所は厳しいということがわかりました。

しかし、オートレース選手への道のりはつらいことだけでなく、楽しいこともたくさんあるでしょう。

2024年からは、高額だった養成所の費用も無償化されているので、養成所に入ろうか悩んでいるあなたは、一度挑戦してみてもいいかもしれません。

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

オートレースの養成所は厳しい?その生活の実態を徹底解説【費用・試験情報あり】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

佐藤 浩二のアバター 佐藤 浩二 Webライター

公営競技の運営スタッフとして10年以上の経験を積んだ後、公営競技専門のWebライターに転身。競馬、競輪、ボートレース、オートレースなど、様々な公営競技において、競技の運営から賭け方、戦略に至るまで幅広い知識を保有。その期間中、数十万のファンと接し、イベントの企画・実施に携わり、多くの成功を収めた。

目次