クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

オートレース最高配当ランキングTOP5!2023・2024年の高配当レースも解説

オートレース最高配当ランキングTOP5!2023・2024年の高配当レースも解説
  • 「オートレースの最高配当はいくら?」
  • 「2023年や2024年など、最近の高配当レースを知りたい」
  • 「オートレースの配当は他の公営競技と比較して安い?」

そんな疑問にお答えする記事をご用意しました。

この記事では、オートレースの歴代最高配当ランキングTOP5から、2023年・2024年の高配当レースをご紹介します。

配当金と税金の関係についても、わかりやすく説明しているので要チェックです。

最後まで読むことで、オートレースの最高配当や税金についてよく理解したうえで、賭けられるようになるでしょう。

また、当たる予想の立て方や、おすすめの予想サイトについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

目次

オートレースの最高配当ランキングTOP5

オートレースの最高配当ランキングTOP5

オートレースの最高配当ランキングTOP5を、発表します。

過去最高配当は1,572万円と高額で、その差は2位の542万円と比較すると1,000万円です。

ここで発表する5つの配当は、全て賭け式が「3連単」となっています。

当てることが難しい分、的中時に大きな配当金をもらえることが3連単の魅力です。

1位:1,572万円

オートレースの歴史における最高配当は、伊勢崎オートレース場で出た1,572万1,720円です。

出走した選手は、以下の通りです。

車番選手
1谷川一貴
2田中守
3高橋貢
4中野光公
5岩科州
6田島敏徳
7高田克重
8松丸浩太

実力のある高田がまさかの最下位、同じく実力者の松丸選手も岩科選手に抜かれてしまいます。

岩科選手は、ハンデが20mついた人気薄の選手だったために、高額配当となりました。

あわせて読みたい
オートレースの車券の買い方!おすすめの買い方やコツも解説【ネット購入OK】 「オートレースの車券の買い方を知りたい」 「おすすめの買い方や、買い方のコツを教えてほしい」 「ネットで車券を購入するには?」 オートレースの車券の買い方に、ま...

2位:542万円

最高配当ランキング第2位は、2012年2月23日に浜松オートレース場で行われたレースで飛び出た542万円です。

レースのメンバーは、以下の通りでした。

車番選手
1小林頼介
2松尾学
3石貝武之
4牧野貴博
5西川頼臣
6北渡瀬充
7松山茂靖
8丹村飛竜

当日は少し雨が降り、コースは湿っていたそうです。

本命の小林選手が終盤で、牧野・丹村両選手に抜かれ、3位となってしまいます。

さらに、小林選手が5着に転落したことから、配当金はぐんと高くなりました。

それでも、1位には遠く及ばない金額のため、こちらのレースは1位のレースがどれほど予想外であったかをはかる指標ともなっています。

3位:331万円

2015年8月13日に浜松オートレース場で開催されたこちらのレースですが、配当金は331万円でした。

このレースは、以下の選手で行われています。

車番選手
1榑林敏郎
2吉田富重
3高倉健吾
4田中竜二
5原菊太郎
6小林頼介
7和田健吾
8平川博康

当日の天気は曇りで、湿気の多い日だったそうです。

人気選手である榑林選手が吉田選手に抜かれ、序盤は7位だった和田選手が2位まで追い上げそのままゴールします。

意外な結末=高配当」というのは、もはや鉄則だといえるでしょう。

4位:276万円

オートレースの最高配当ランキング第4位は、2007年2月3日に伊勢崎オートレース場で行われた3Rの276万円です。

こちらのレースを走ったのは、以下の選手たちです。

車番選手
1伊藤弘幸
2岩本君男
3赤坂勝彦
4束田亮
5大貫宗一
6須崎忠夫
7石川巌
8猪股忠

大本命の猪俣選手に人気が集中し、ハンデのついたその他の選手たちは不人気でした。

6周回までは予想通りの展開でしたが、最終周で岩本選手が1位に踊り出ます。

猪股選手が2位に転落したことで、高配当となりました。

ちなみに、1着と3着の選手には50mという大きなハンデがついていたそうです。

5位:275万円

2008年1月25日に川口オートレース場で行われた1Rですが、ここで275万円という高配当が出ました。

出走したのは、以下のメンバーです。

車番選手
1釜本憲司
2岩野守
3中村勝
4河合久
5石川巌
6名本邦俊
7毛利了平
8高橋茂

毛利選手が斜行し、本命の釜本選手に接触、そこに岩野選手が追突して落車します。

予期せぬアクシデントのおかげで、

3(中村)-5(石川)-8(高橋)

という、人気薄の組み合わせで決着し、配当金は大きく膨らみました。

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

オートレース2023年の最高配当は【215万6,380円】

2023年の最高配当は215万6380円|オートレース

2023年に行われたレースで最も配当が高額だったのは、2023年1月11日に川口オートレース場で行われた、一般戦2Rの215万6,380円です。

賭式は3連単で、オートレース史上初となる336通り中336番人気の車券でした。

これほど不人気の車券だったにもかかわらず、的中表が2票あったというのだから驚きです。

以下は、実際に出走した選手8名のリストになります。

車番選手
1松永幸二
2大久保哲司
3岡本信一
4桝崎星名
5松尾学
6藤本剛
7佐々木敏夫
8松生信二

このレースの行われた川口オートレース場では、3番目に高額な配当となりました。

オートレースの歴史上でも、12番目に高い配当金となります。

川口オートレース場における最高配当は、「最高配当ランキングTOP5」で5位にランクインした275万円です。

あわせて読みたい
オートレースの養成所は厳しい?その生活の実態を解説【費用・試験情報あり】 「オートレースの養成所は厳しいの?」 「養成所に入る条件が知りたい」 「費用はいくらかかる?無償化したって本当?」 この記事では、オートレースの養成所に関する悩...

オートレース2024年の高配当レース2選

2024年の高配当レース2選

2024年の高配当レースを2つご紹介します。

どちらも落車事故という思いがけぬアクシデントにより、配当金が膨れ上がったものです。

2024年の高配当レース「伊勢崎オートレース場」:574,920円

2024年2月13日に伊勢崎オートレース場で行われたこのレースでは、574,920円という高配当が飛び出しました。

出走したのは、以下の選手たちです。

車番選手
1浜田忠司
2北爪勝義
3矢内昌木
4生方将人
5岩沼靖郎
6影山伸
7角南一如
8浦田信輔

浦田選手がスリップし生方選手と接触、そのまま岩沼、影山両選手も巻き込まれ、4人が落車する事故となりました。

この大量落車事故により、高配当となりました。

実際のレースは、以下の再生ボタンをクリックすることで視聴できます。

2024年の高配当レース「川口オートレース場」:306,000円

2024年1月13日に川口オートレース場で開催された一般戦8Rの配当も、306,000円と高額でした。

こちらのレースを走った選手は、以下の8名です。

車番選手
1阿久津正夫
2信澤綾乃
3栗原勝測
4古木賢
5竹内正浩
6秋田貴弘
7吉田祐也
8西原智昭

1番手を走っていた秋田選手が、直線でハンドルをとられたように転倒、落車しました。

続いて、2番手の西原選手も事故に巻き込まれ落車します。

この大アクシデントの影響で、高配当レースとなりました。

実際のレースを見たい方は、以下から視聴できます。

あわせて読みたい
オートレースはタイヤが命!メーカーや価格・タイヤ交換方法をプロが解説 「オートレースのタイヤのメーカーは?」 「タイヤの交換頻度やタイミングは?」 「タイヤの価格を知りたい」 オートレースのタイヤに関するそのような疑問にお答えしま...

オートレースでの高配当の際には税金に注意が必要

高配当の際には税金に注意|オートレース

高配当を手にした際、金額によっては申告が必要です。

ここでは、配当金と税金について解説します。

年間50万円以上で課税対象

オートレースの配当金は「一時所得」として扱われます。

一時所得の計算方法は、以下の通りです。

一時所得=配当金−賭け金−50万円(特別控除)

ただし、年間の一時所得の総額が50万円以下であれば、課税対象にはなりません。

一時所得が50万円を超えた場合、その半分が課税対象となります。

総合課税となるため、他の所得と合算して所得税が計算されることを覚えておきましょう。

住民税

住民税も所得税と同様に、一時所得として扱われます。

住民税の税率は、一般的に10%です。

賭け金10万円、配当金100万円の場合
  • 一時所得 = 100万円 – 10万円 – 50万円 = 40万円
  • 課税対象額 = 40万円 / 2 = 20万円

この20万円に対して、所得税と住民税がかかります。

賭け金50万円、配当金150万円の場合
  • 一時所得 = 150万円 – 50万円 – 50万円 = 50万円
  • 課税対象額 = 50万円 / 2 = 25万円

この25万円に対して、所得税と住民税がかかります。

基本的には、50万円を超えない限り税金の申告は不要です。

1年で受け取る配当金が50万円を超えた場合には、しっかりと申告するようにしましょう。

後で申告漏れがバレると、追加徴収され、通常よりも多い金額を支払うことになってしまう可能性があります。

あわせて読みたい
オートレースのランクとは?その決め方や見方などを解説【2024年最新】 「オートレースのランクとは?」 「ランク表の見方は?」 「ランクの決め方を知りたい」 オートレースのランクに関する、そのような疑問にお答えします。 この記事では...

オートレースの配当は安いのか?競馬や競輪の最高配当と比較

オートレースの配当は安い?競馬や競輪の最高配当と比較

競馬や競輪など、他の公営競技に比べてオートレースの配当が安い、といわれることがあります。

それでは、それぞれの最高配当を比較し、オートレースの配当が本当に安いのかどうかを検証していきましょう。

以下は、3連単における公営競技の最高配当金額一覧です。

公営競技最高配当
競馬2,983万2,950円
競輪476万700円
競艇76万1,840円
オート1,572万円

こうして比較すると、オートレース配当金は決して低くはなく、むしろ高額であることがわかります。

ちなみに、賭式を除外したときの最高配当は、WIN5における競馬の5億5,444万6,060円です。

オートレースの配当金が安いというよりは、競馬の配当が飛びぬけて高いだけでしょう。

配当だけを見ると、オートレースは稼げる公営競技だということがわかります。

オートレースの最高配当ランキング:まとめ

オートレースの最高配当ランキング:まとめ

本記事では、オートレースの最高配当ランキングを発表しました。

本記事のまとめ
  • オートレースの最高配当は1,572万円
  • 2023年の最高配当は215万6380円
  • 2024年前期の最高配当は574,920円
  • 年間に手にする配当が50万円を超えたら税金の申告が必要
  • オートレースの配当は他の公営競技と比較しても高め

競馬などの公営競技を独自のオッズで楽しみたいという方は、新クイーンカジノのスポーツベットがおすすめです。

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

オートレース最高配当ランキングTOP5!2023・2024年の高配当レースも解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

佐藤 浩二のアバター 佐藤 浩二 Webライター

公営競技の運営スタッフとして10年以上の経験を積んだ後、公営競技専門のWebライターに転身。競馬、競輪、ボートレース、オートレースなど、様々な公営競技において、競技の運営から賭け方、戦略に至るまで幅広い知識を保有。その期間中、数十万のファンと接し、イベントの企画・実施に携わり、多くの成功を収めた。

目次