クイーンカジノ(くいかじ)でプレイしよう!

競艇は勝てない仕組みなのか?豆買いやココモ法等の必勝法を解説

競艇は勝てない仕組みなのか?豆買いやココモ法等の必勝法を解説
  • 「競艇で勝てないのはなぜ?」
  • 「穴党と本命党はどちらが勝てる?」
  • 「ココモ法ってどんな賭け方?」

「競艇で勝てない」と感じている方々にとって、本記事は必読です。

勝てない理由を明らかにし、一緒に解決策を模索しましょう。

おすすめの買い方や賭け方、必勝法である「ココモ法」まで伝授します。

本記事を読むことで、競艇の勝率を高めることができるでしょう。

目次

競艇で勝てない3つの理由

競艇で勝てない理由について

競艇で勝てない理由はたくさん存在します。

ここでは、その中から特に多く見受けられる「勝てない理由」を厳選しました。

心当たりがないかチェックしてみましょう。

穴党である

穴党とは、不人気の買い目に賭ける人たちのことです。

人気のない買い目は配当が大きいことが魅力ですが、的中させることが難しいため高度な予想スキルが求められます。

競艇で勝てないという人は、配当を重視するあまり知らず知らずのうちに穴党になっているのかもしれません。

穴党の対義語として、本命党という言葉があります。

本命党とは、的中させやすい人気の買い目を中心に予想する人たちのことです。

オッズだけを見ている

高配当を夢見て、ついオッズの大きな買い目に賭けたくなるかもしれません。

しかしオッズが高いということは、それだけ的中させるのも難しいということです。

オッズが高い舟券を買うことは悪いことではありませんが、予想なしにオッズだけを見て賭けることはおすすめしません。

高額な払戻金はあなたの目に魅力的に映るかもしれませんが、それは当たらなければ手に入りません。

しっかりと的中率も考慮するように心がけましょう。

勘に頼っている

勘に頼って買った舟券が当たることは稀です。

競艇で勝てないという人は、予想をせずに勘に頼りすぎているのかもしれません。

また、占いに頼ったり、好きな数字で舟券を買ったりする人もいます。

競艇の楽しみ方は人それぞれなので、どんな賭け方をしても自由です。

しかし、競艇で勝てずに悔しい思いをしている方や、的中率や回収率を上げたいと思っている方に勘で舟券を買う方法はおすすめしません。

勝つためには、綿密なデータ収集を重ねた上での分析力・予想力が必要になります。

競艇は勝てない?やればやるほど負ける理由

競艇は勝てない?やればやるほど負ける理由

「競艇は勝てない仕組み」だといわれる理由と、その真偽を確かめます。

また、「やればやるほど負ける」という負のルーティーンの原因と、抜け出す方法についても解説します。

競艇は勝てない仕組みなのか?

結論から書くと、競艇は勝てない仕組みになっているわけではありません。

しかし、しばしば競艇は勝てない競技だ、と言われてしまいます。

それは、競艇が「運営が勝つ」仕組みになっているためです。

この仕組みは競艇に限らず、競馬やオートレースなどでも同じです。

舟券を購入すると、約25%は、主催者側の取り分として差し引かれてしまいます。

そして残りの75%の中から、的中者に配られるシステムになっているのです。

例えば、1,000円分の舟券を買った場合は、250円が手数料として運営側に差し引かれ、残りの750円が純粋な賭け金となります。

手数料が引かれてしまう分、もらえる配当金も少なくなり、大勝ちをしない限りは利益を得られません。

これが競艇が勝てない仕組みだと言われる理由です。

しかし、運営が手数料を差し引いてるからといって、勝てないわけではありません。

きちんと的中させれば、賭けたお金は配当金として増えて戻ってきます。

つまり、「競艇は勝てない仕組み」なのではなく、問題は勝てない人の賭け方にあるのです。

あわせて読みたい
競馬の賭け方について解説!初心者・中級者におすすめの上手な賭け方とは 「競馬の賭け方について知りたい」 「おすすめの賭け方を教えてほしい」 「ボックスやフォーメーションって何?」 そんな疑問や悩みを解決します。 本記事では、競馬に...

やればやるほど負ける理由とは

競艇で、「やればやるほど負ける」という負の連鎖に陥ってしまう人がいます。

競艇は運営が手数料を差し引いているとはいえ、勝てない競技というわけではありません。

「勝てない」というのも「やればやるほど負けてしまう」というのも、どちらも舟券の買い方に原因があるのです。

例えば、賭けた舟券が的中せず、負けてしまうと「悔しい」という感情が生まれます。

また同時に、「負けた分を取り返さないと」という焦りも生まれます。

そうした気持ちゆえに、レースを重ねるごとに賭け金を増やしてしまう、というパターンは多いです。

冷静な気持ちを欠いた状態で、購入点数だけを増やしても勝てません。

さらに、購入金額も増え続けるわけですから、気づいたときには大きな損失が出てしまうことになります。

いかに冷静な気持ちでレースに臨むか、という点が、競艇で負け続けることを防ぐコツになります。

競艇で勝てない人は「本命党&豆買い」で対処

競艇で勝てない人は本命党&豆買いで対処

競艇で勝てないという人に向けて、誰でも簡単にできるおすすめの対処法をお伝えします。

それは「本命党になる」ことと「豆買いをすること」です。

この2つを心がけることで、勝率を高めることが可能です。

それぞれの意味について解説していきます。

本命党は勝てる

本命党とは、人気の買い目を中心に、勝率の高いレースに賭ける人たちのことです。

穴党と呼ばれる、人気薄の買い目に賭ける人たちとは対極の立ち位置にあります。

穴党は的中時に高額な配当金を手にすることができる反面、勝率が低いというデメリットがあります。

競艇で勝てないという人は、穴党である可能性が高いです。

本人は無意識でも、もらえる配当金を重視するあまり、知らずしらずのうちに穴党になっているケースもあります。

そういう方は、いったん穴党を抜け出して本命党になることをおすすめします。

「勝てないけど、どうしても大穴に賭けて当てたい」という方は、ひとまず本命党として予想のスキルを磨き、再び穴党に転向するのもいいでしょう。

豆買いをおすすめする理由

なかなか勝てないという人には、豆買いがおすすめです。

豆買いとは、1点の購入金額を100円に抑えながら、複数の買い目に賭けることをいいます。

舟券1点につき大きな金額を賭けてしまうと、的中しなかったときに大きな損失となってしまいます。

リスクを抑えるためにも、舟券を買う際は「1点につき100円」を心がけるようにしましょう。

外れたときも大損になることはありませんし、買い目を広くカバーできる買い方をすることで、的中率を上げることも可能です。

ただ、むやみやたらに点数を増やしてしまうと「トリガミ」になってしまうので、できるだけ買い目の点数は絞り込むようにしましょう。

本命党と豆買いは配当金が少ない

ここで紹介した2つの賭け方は、的中率を高めることができる反面、配当金が少ないというデメリットがあります。

たった1度不的中になっただけで、収支がマイナスとなってしまうことも珍しくありません。

大きく当てることができないため、勝ち続けることが収支をプラスにする鍵となります。

本命党や豆買いは、コストを抑えながら勝率を上げることができる反面、大きく稼ぐことが難しいという特性があることを覚えておきましょう。

競艇では「ココモ法」は勝てないのか?

競艇は勝てない?ココモ法について解説

競艇で勝てないという人は、ここで紹介するココモ法を実践してみてはいかがでしょうか。

ココモ法は不的中のたびに賭け金を2倍にしていくというもので、勝った時にそれまでの損失額を取り返すことができます。

負ければ負けるほど的中時に払い戻される金額も大きくなるため、なかなか勝てない、という方にぴったりの賭け方です。

ココモ法の賭け方

ココモ法は、配当が3倍以上のときのみ利用することが可能です。

それでは、ココモ法を使った賭け方について解説します。

ココモ法
  1. 1回目で不的中だった際、2回目は1回目と同じ金額を賭ける
  2. 2回目も不的中だった場合、3回目の賭け金は1回目に掛けた金額+2回目に賭けた金額になる
  3. 3回目も不的中だったら、4回目の賭け金は2回目に賭けた金額+3回目に賭けた金額になる
  4. このようにして、勝てるまで前回の賭け金と前々回の賭け金を足した金額を賭けていく
  5. 的中時に損失分を取り返すことができる
  6. 一度的中したら、また1.から運用を再開する

以上を繰り返します。

上記の説明だけではうまくイメージできないかもしれないため、例を用意しました。

回数賭け金
1回目100円
2回目100円
3回目200円
4回目300円
5回目500円
6回目800円
7回目1300円
8回目2100円

このような賭け方をすることがココモ法です。

不的中が続いても焦って法則を乱してはいけません。

「いつか当たる」「的中時に取り返せる」と言い聞かせ、心に余裕をもって臨みましょう。

ココモ法で勝てないケース

ココモ法は数学上では絶対に負けない必勝法とされていますが、実際には勝てないケースも存在します。

ここではココモ法を使っても勝てない際の原因をまとめました。

また、「不的中のときに3,000円賭けるべきところを1,000円しか賭けない」など、そもそもココモ法を無視して負けてしまうケースは除きます。

勝てないケース
  • 資金が底を尽きてしまう
  • 勝つ前に全レースが終了してしまう

まず、自分の所持金が底を尽きてしまうとココモ法で賭けを続行することはできなくなります。

ココモ法は負けるたびに賭け金が増えていくという特徴があるため、賭けを始める前に資金を十分用意しておくようにしましょう。

また、1勝する前に全レースが終了してしまう可能性も、低いとはいえゼロではありません。

ココモ法は必勝法ですが、状況によっては必勝法ではなくなってしまうこともあります。

あらゆるリスクについて理解したうえで、ココモ法を採用するようにしましょう。

競艇は勝てない仕組みなのか:まとめ

競艇は勝てない仕組みなのか?:まとめ

本記事では、競艇でなかなか勝てないという人に向けて勝率を高めるコツや必勝法などをお伝えしました。

賭けるときはいきなり大穴を狙うのではなく、まずは人気の買い目からコツコツと的中させていきましょう。

豆買いで支出を減らしながら複数の買い目を抑える方法がおすすめです。

どうしても勝てないという方には、ココモ法という必勝法があります。

資金が底を尽きてしまうなどのリスクがあるため、ココモ法に臨むときは心の余裕と資金面の準備をしておきましょう。

競艇は勝てない仕組みなのか?豆買いやココモ法等の必勝法を解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

佐藤 浩二のアバター 佐藤 浩二 Webライター

公営競技の運営スタッフとして10年以上の経験を積んだ後、公営競技専門のWebライターに転身。競馬、競輪、ボートレース、オートレースなど、様々な公営競技において、競技の運営から賭け方、戦略に至るまで幅広い知識を保有。その期間中、数十万のファンと接し、イベントの企画・実施に携わり、多くの成功を収めた。

目次